四街道の家

この家は、台形の敷地に合わせて建物も変形させています。玄関から入って南に行けばいくほど、角度を持って広がる空間になっています。
その一番南側が “ 末広がりのリビング ” になっていて、この家の核として配置されています。
末広がりのリビングは、木のサッシを開けると適度な大きさの縁側に繋がり、内外一体の空間になります。西側のサッシも全開できて、風を採り込むことができると同時に、室内が “ まち ” と繋がります。寝室に繋がる大きなバルコニーは、洗濯好きの奥さんのためにつくりました。その結果、洗濯物の似合う木の家になったと思います。


構造 規模       木造2階建
設計 監理 野口修アーキテクツアトリエ
施   工 有限会社 田中兄弟工務所
「四街道の家」ブログはこちらからどうぞ
※ブログは最新ブログよりさかのぼってお読みください