お知らせ

Posted on 2019-03-23
最後の現場監理

先日の設計検査と施主検査で指摘のあった部分の
是正工事の確認をしに葉山「土間から四季を、呼吸する家」へ。

建て主さんも葉山町役場へ行った帰りに現場にお越しいただき
現状を確認して戴きました。

出来あがったばかりの川沿いにつくったデッキで
楽しそうにしている建て主ご夫妻。

お子さんを保育園に迎えに行くために
このあと現場を後にされました。

私たちは、是正工事の確認をした後に、
建具の動作確認をしました。

土間と板の間は、普段は一体的に繋がっています。

来客などあった場合などは、壁に仕込んだ4枚引込戸を閉めると

空間が仕切られるようになっています。
昔の日本家屋のように空間を仕切ったり、繋げたり
自由自在に使えるようにしてあります。

その後、照明器具の動作確認など日が暮れるまで現場にいました。

今日で、現場監理は終わりになります。
約6ヵ月間、あっという間に過ぎていきました。

来週の月曜日にお引渡し予定です。




この「土間から四季を、呼吸する家」という名前は
建て主さんがお考えになったものなのですが、
どうしてその名前にされたのかは、
こちらのブログに書いています。
なるほどなーと、その当時思ったのと同時に、
建て主さんらしいなーと思ったのでした。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-03-22
プランの検討

モデルプランを考える。
建て主のいない家を考えるのは、少し変な気持ち。




以前も「プラン検討」という記事を2つ書いていました。

一つ目の「プラン検討」の記事はコチラ

二つ目の「プラン検討」の記事はコチラ




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2019-03-21
家紋?

只今、埼玉「椿山の家」の表札を検討しています。

切り文字による表札にしようとしているのですが
名前の前に長男くんが考案したマークというか家紋?を
入れたいと思って、長男くんが手描きで書いたものを
イラストレーターでトレースしています。

このマーク?家紋?のカタチは、西洋梨をモチーフにしているとのことです。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-03-20
ポスト検討

埼玉「椿山の家」のポスト製作のご相談があって
いろいろと検討中です。

なかなか難しく「これだ!!」というものができてきません、、、。

もう少し悩んで、唯一無二のポストをつくります!!!




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-03-19
新参者

いまごろ、東野圭吾原作のドラマ「新参者」にはまっています。

いつも違う視点から物事を見る姿勢に共感しますし
感動しています。

なぜいまごろ見出したかと言うと、
田中兄弟工務所の大工兼監督兼社長の覚さんが
「加賀恭一郎が滅茶苦茶いい奴なんですよー」
と言っていたので、
やはり東野圭吾の「手紙」のお兄ちゃんと
どっちがいい奴か?確かめたくなって
見始めたのでした。

RSS Feed  Tags:
Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2019-03-18
10年前の誕生日

10年前の誕生日の光景。

当時、千葉大に通っていたときに
同じ研究室の “ まっちゃん ” と
お隣の研究室の “ いわたさん ” が
私の事務所まで来てくれて、ミスタードーナッツで
お祝いをしてくれました。

誕生日プレゼントに
ブリタの浄水器まで用紙してくれて
とても嬉しかったことを思い出します。

二人とも、それぞれの道で活躍していて
卒業した今でも、二人から刺激を戴いています。

昨日も、プレゼンテーションをおこなったのですが、
その案を考えるときも、
「あの二人だったら、どうするんだろう」
と想像したりしながら案を考えていました。

これは、あの二人を真似すると言うこととは違って、
“ あの二人の思考を想像して自分のものにする ”
ということです。
要は “ あの二人が私の中に住んでいる ” 状態ということです。

どんどん、いろんな人を自分の中に住ませて
自分だけでは出来ないことを沢山していきたいと
思った51歳の今日でした。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2019-03-17
設計検査

葉山「土間から四季を、呼吸する家」の設計検査を行いました。
しかし、未完成部分がかなりありましたが、、、

設計検査のときも、職人さんたちが入り乱れていました。

まあ、未完成部分がかなりありますが
なんとか引渡に間に合うように頑張ってくれているので
仕方ないですね、、、。

設計検査のあとに、施主検査をしたのですが、
建て主さんが、とても喜んでいて、
その喜んでいる姿を見て、私たちもとても嬉しくなりました。
この家の誕生をみんなが喜んでいることが、
なによりも素敵なことですね。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-03-16
今日の現場

今日も葉山「土間から四季を、呼吸する家」には
沢山の職人さんが入っていました。

なんとか施主検査までには、ある程度完成できるかどうか。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-03-15
超追いこみ!

葉山「土間から四季を、呼吸する家」は、
引渡に向けて超追いこみ状態です!!

内装屋さん、電気屋さん、塗装屋さん、外構屋さん、造園屋さん、ガス屋さん
が入り乱れて作業をしていました。

障子は入っていましたが、床の塗装はまだだそうです。

どうなることやら、、、




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-03-14
7年前の今日

あれから7年経ったですね。

千葉県「西船の家」の上棟が7年前の今日、行われたのでした。、

大きな敷地に、御母屋や作業小屋、倉庫が建っていて
使われなくなった倉庫を壊して長男家族のための家を建てたのでした。

この敷地には、大きな桜の木があり、
レッカー(クレーン車)が入れず、
“ 手おこし ” といって、人力で柱や梁を上げて、
建て前を行う方法で行いました。

棟を上げ終えたら
まずは、お母さまからお預かりした弊串をお祭りし、
つづいて工務店さんが用意してくれた弊串をお祭りして

無事上棟となったのでした。

最後に、建て主さんと棟梁、鳶頭で四方清めをしていただき、
すべて滞りなく終えることが出来ました。

このあと、御母屋で直会をしていただき、
鳶さん達による木遣りを披露して戴き、
とてもおめでたい気持ちになった記憶が蘇ってきました。

あれから7年。
この間のことかと思っていましたが、
そんなに経っていましたか。

そう言えば、上棟のほぼ1年前、日大の学生に模型づくりをお願いしていて
丁度、学生が事務所に模型を届けてくれる日が3.11の日でした。
電車も止まり、
「今日伺うことができません」
と、学生から電話がやっとつながり、
「私たちが、車で取りに行きます」
と日大生産工学部のある津田沼キャンパスまで
受取りに行ったのでした。

もう少しで上棟を迎える「鎌ケ谷の家D」の
建て主さんに2017年12月19日に「西船の家」を見学して戴いたときに、
西船の家」の奥さまが
『私たち、この家ほんとうに気に入ってるんです』
と言ってくれて、とても嬉しい気持ちになりました。
私たちにとっても「西船の家」はかけがえのない家です。




もうすぐ上棟を迎える「鎌ケ谷の家D」の手刻みの様子を
書いたブログはコチラです。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会