「ひらく間」

築18年のマンションフルリノベーションです。
約23坪の1住戸の内部を全て解体し、杉やタモ、漆喰などの自然素材を中心に使いながら
間取りを大幅に変更しました。また、内窓を設けて断熱性能を上げたり、二重床にして
遮音性能を向上させているのも特徴です。
独り暮らしを快適にするためもあって、出入り口はいつも開け放しておけるように
全て引戸にしています。このことによって、全ての部屋(間)が、ひらかれ、繋がり、
使いやすく機能性が向上するばかりか、感覚的にも広がりを感じます。
そして、いつもひらかれていることで、風が南から北へ抜けていくようになりました。
そんな風通しの良いリビングに造り付けのソファを設け、寛ぎの場としています。
このソファは、寝ることができるように長さを2.1Mにしたり、下にはワゴンをつくって
その中に毛布を仕舞っておけるようにしています。
自分の暮らしに合わせて空間をつくることができたマンションのフルリノベーションになりました。

設計 監理       野口修アーキテクツアトリエ
施   工 株式会社中野工務店
「ひらく間」ブログはこちらからどうぞ
※ブログは最新ブログよりさかのぼってお読みください