ちはら台の家

もともとは、大手ハウスメーカーによる軽量鉄骨の分譲住宅でした。自分たちがのぞむ生活に画一的に
つくられた間取りが合わず、思い切ったフルリノベーションを計画されました。
軽量鉄骨の骨組みや外装、サッシはそのままにしながら、内部空間を大きく変えました。
また「間取りを替える」というよりも「家具で暮らしをつくる」というリノベーションになっています。
これは単にリビングを広くしたということではなく、今回の工事でつくられた造作家具が、一つ一つ
暮らしに合わせた機能や形状を丁寧に検討し考えられ、それ故にその家具が暮らしをつくっていくように
なっていることをあらわしています。

第22回千葉県建築文化賞 住宅の部 優秀賞受賞


構造 規模       軽量鉄骨造2階建+ロフト
設計 監理 野口修アーキテクツアトリエ
施   工 ㈱中野工務店
「ちはら台の家」ブログはこちらからどうぞ
※ブログは最新ブログよりさかのぼってお読みください
写真:垂見写真事務所

ちはら台の家 リビングちはら台の家 リビングちはら台の家 ダイニングちはら台の家 リビングちはら台の家 ダイニングちはら台の家 ダイニングちはら台の家 リビング入口ちはら台の家 治療室ちはら台の家 トイレちはら台の家 玄関ちはら台の家 個室ちはら台の家 吹抜け