授業

Posted on 2018-09-07
学生くん製作の模型

先日まで生産実習(インターンシップ)で来ていた

日大・生産工学部の3年生がつくった模型。

約6年前に設計した「アオハダの家」。

確かに、完成度は少し難はあるものの

やる気を感じる学生でした。


学生が演習の課題でつくる模型と違って、

実際の設計の場面でつくる模型は、

キチンと模型用の図面を描くところから始めます。
(うちの事務所の場合です)

その図面を描くためには、設計図を詳しく読み取る必要があります。

大学の授業では目にする機会のない、生の図面です。

空間構成を把握するためには、平面図や断面図だけでなく

展開図や詳細図まで確認しないといけません。

模型をつくるということは、その建物のことを知ることになります。

学生が実際の場面で必要とする模型をつくろうとする場合、

“ 建物のことを知る ” という部分で相当苦労するように感じます。

今回の学生くんも、そこで相当苦労していましたが、

くじけずに、最後までやり切りました!

お疲れ様でした!




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-06-25
インターンシップ

今年も日大の学生を受け入れることになった。

先ほど、その学生と面談をして、いろいろと話をした。

大学に入ったころから、うちの事務所のことを知っていて気になっていたこと、

そして今回、受入先にうちの事務所があったので迷わず応募したこと、

実家が、うちの事務所から徒歩20分くらいのところにあること、

木造住宅の設計に興味があること

などなど、たくさん話をした。

彼の緊張がほぐれるに従って、話す内容の濃度も上がっていった。




毎年、真面目でやる気のある学生ばかりなのだが、

今年は、いつもにも増してやる気と本気度を感じた。

8月から始まるインターンシップが楽しみになってきた。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2017-10-03
増山さん、あらわる

今日は、今年の二級建築士設計製図水曜日コースの生徒だった

増山さんが、美味しいお菓子を持って事務所に遊びに来てくれました!

3時間くらい、今年の試験のこととか、

今年の授業のこと、今後のことなどを話しました。

学校では、出来ない様な話もできて、楽しい時間を過ごしました。

こうして、わざわざ遊びに来てくれるのは嬉しいですね~。

今度会うのは、祝賀会のときですね!!

楽しみにしています。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業, 日記 | No Comments »

 

Posted on 2017-09-10
二級建築士設計製図試験

今日は「二級建築士設計製図試験」でした。

階段の蹴上と踏面の寸法指定がありました。

玄関の大きさをまともにつくると一坪では小さくなってしまう。

というような試験だったようです。

果たして、みんなはどんなプランにしたのでしょうか。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2017-09-07
授業終了

先ほど、今年の二級建築士設計製図試験のための授業を全て終えました。

準備講座が約5ヶ月、本講義が約2ヵ月、長い様な短い期間でした。

試験は9月10日(日)、母校の千葉大で行われます。




平井さん、石井さん、小田島さん、増山さん、

墨田さん、角谷さん、鶴岡さん、初芝さん、山崎さん、

矢野さん、吉原さん、

みんないつもの力を発揮して、頑張って来てください。

私は当日、埼玉で打合せですが、埼玉の地で心の中で応援しています。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2017-09-05
模擬テスト

今日は、二級建築士設計製図の

本試験前、最後の模擬テストを実施しました。

長文の問題文で要求も多く、

難解なテストだったのですが、

全員完成で、ほとんどの人が合格でした。

次の日曜日が本試験です。

最後のもう一踏ん張り

頑張っていきます。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2017-08-16
授業

今日は、一日、二級建築士設計製図の授業をしてきました。

当初は、ずば抜けて早い人と遅い人の差がひらいていましたが、

今日は、その差が相当縮まった気がしました。

やっぱり手順が大事で、手順通りやっていくと

段取りが良くてスムーズに進んでいくようです。

これは作図だけでなく、プランでも同じことです。




試験まで1カ月を切りました!

気合を入れて頑張っていきましょう。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2017-08-09
今日も授業

二級建築士設計製図試験まで、あと約1ヵ月。

今日も授業をみっちりしてきました。

問題文を丁寧に読み取り、マークし、プランしていく。

今日、初めて自分たちの力だけでプランニングしてみました。

敷地が少し小さいく、屋外条件が厳しい問題の割に

みんな、結構プランできていました。

つづいて、そのプランの製図です。

3時間で完成を目指しました。

これも思いのほか、結構出来ていました。

来週で基本編の授業が終わり、再来週は模擬テストです。

なので、来週の授業でどこまで出来るようになるかが

自信を付ける上でとても大事になってきます。

頑張っていきましょう!!!

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2017-08-02
耐力壁

今日は、昼前から先ほどまで、二級建築士設計製図の授業をしてきました。

今年の課題は、木造2階建ての住宅。

ということで、設計で「耐力壁」の位置を考え、図面に記載する必要があります。

この「耐力壁」、実は色々種類があるんです。

筋かいが一番一般的ですが、いまの主流は構造用合板ではないでしょうか。

その他にもいろんな耐力面材があります。

いまの試験では、「耐力壁を設けなさい」と問題文に書いてあり、

「耐力壁」=「筋かい」ということではありません。

(※問題文には「耐力壁とは筋かい等を設けた構造上有効な壁をいう」とあります)

先述したとおり、筋交いのほか、構造用合板や他の耐力面材でも

良いと言うことになっています。

もう20年ほど前までの試験問題では

「耐力壁」=「筋かい」でした。

立面図に一点鎖線で筋交いの位置を描かせる問題まであったほどです。




ひと昔前では「耐力壁」と言えば「筋かい」でしたが、

時代とともに、耐力壁も多様化し、

そのことが二級建築士の試験問題にも影響を与えていると言うことです。




そろそろ、いまの様な二級建築士の試験内容では

建築士としての技量を計れないことが明らかになる日が近いのかもしれないですね。




お問合せ

住宅相談会・勉強会

オープンデスク受入

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2017-07-12
リアクションペーパー

今日から、本格的に二級建築士設計製図講義が始まりました!!

はじめて手で図面を描く人にとっては、大変な一日でした。

目にしたことのない図があったり、

はじめて耳にする言葉だったり、

手にしたことのない道具を使ったり、

窮屈な思いをしたことだと思います。

その大変さも、徐々に楽しさに変わってきますから頑張りましょう。

水曜日コースではリアクションペーパーを配り、

「質問」、「要望」、「おぼえたこと」、「良かったこと」

の4つについて記載してもらい、

授業中にできない質問をしたり、

エアコンの温度が低すぎるから上げて欲しいなどの要望を書いたり、

椅子のサイズが400ミリ角程度だということをおぼえたとか、

勾配定規を使えるようになって良かったとかを書いてもらっています。

その中で、こんなのがありました、、、、、

「質問」:合格できますか?

「要望」:合格させて下さい

なかなかセンスある質問と要望に笑ってしまいました!!

これから2ヵ月間、一緒に頑張っていきましょう!!




お問合せ

住宅相談会・勉強会

オープンデスク受入

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »