ちはら台の家

Posted on 2018-04-23
「住まいとでんき」5月号掲載

住まいとでんき」5月号に

“ 長生きする家-住まいを継ぐ- ”という特集で


『家も人も生れ変る、それがリノベーション』
-ちはら台の家 軽量鉄骨住宅のリノベーション-


というテーマの寄稿を掲載して戴きました。

リノベーションすることで「もう一度生きてみよう!!」

という気持ちになったと、建て主さんが言いました。

リノベーションとは、家と建て主が二度目の誕生を

迎えることかもしれません。

そんなことを5ページに渡って書きましたので、

よろしければ是非ご覧になって下さい。




住まいとでんき
日本工業出版株式会社




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2017-12-05
せんねん灸

図面を描いてたら

肩が固まってしまったので、

『みなつき鍼灸院』をされている

「ちはら台の家」の建て主さんから

いただいた “ せんねん灸 ” を肩に据えたら

すっかり治ってしまいました!!!

ありがとうございました!!!

 

Posted on 2017-10-17
リノベーション展

リビングデザインセンターOZONEで 11/2~11/28まで開催される


リノベーション住宅事例展


に、『ちはら台の家』が “ 鉄の家から木の家へ ” というタイトルで出展されます。

パネルのほか、模型も新しくつくって展示する予定ですので

リノベーションをご検討の方は是非、会場に足をお運びください。


現在、千葉県成田市でもマンションのフルリノベーションが工事中です。

今週末に完成見学会を行いますので、マンションリノベーションを

ご検討の方は、是非、こちらにもお越しください。

詳しくは、以下をご覧いただきまして

参加お申込み下さい。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
成田市で進めておりますマンションリノベーション工事が

もう少しで完成します。

建て主さまのご厚意により、以下の日程で完成見学会を開催することになりました。




10月21日(土) 13:00 ~ 17:00

10月22日(日) 11:00 ~ 16:00

JR成田駅から徒歩でお越しいただけます。




参加は、ご予約制となっております。

ご予約下さった方に資料と共に詳しい案内図を郵送致します。

ご予約方法は、以下のフォームより10月18日(水)19:00までにお願い致します。
見学会お申込みフォーム





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
築16年の3LDKのマンションを一人暮らしを満喫できる様に

つくり変えました。

建て主さんのご要望もあって、天然系の素材を中心に、

素朴な材料を選び、その素材にあったつくり方を心がけました。

玄関土間から続くシュークロークや大工さんがつくったソファと寝室のつながり方、

寝室からも廊下からも使える収納部屋。

しっくいの壁に無垢の床に床暖房。

大きな窓には、内側に木でガラス戸をつくり、断熱性能を高めています。

キッチンも、半オーダー製で、周りの仕上に馴染んだものになっています。

キッチンの奥にはパントリーもあり、収納も十分です。

カウンターの付いた、ゆとりのあるトイレもご覧戴ければと思います。


これまでの現場の様子は、コチラをご覧ください。


皆様のご参加をお待ちしております。




「ひらく間」 -成田市 築16年のマンションリノベーション-

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997

 

Posted on 2016-12-19
「住む。」掲載

住む。梱包

今日、「住む。60号」が届きました。

住む。表紙


特集

家の改修、

直すところ、

残すもの。


で、「ちはら台の家」を取り上げていただきました。

住む。中表紙

「建売住宅の骨組みを残し、無垢材と珪藻土を取り入れた家。」

ということで、大手ハウスメーカーによる築19年(いまでは築22年になりました)の

建売住宅の骨組みを残しながら大幅に内部空間を替え、

夫婦2人の暮らしに合わせたリノベーションの様子を取材して戴いています。

ぜひ書店にて、お手にとってご覧くださいます様

よろしくお願い致します。

住む。データ

「ちはら台の家」の建て主さんも“住宅勉強会”に参加されて、

うちの事務所に設計をご依頼いただきました。




ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997


お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2016-12-03
夫婦の家

うちに設計をご依頼下さる方の世代や家族構成をみてみると

7割程度が子育て世代の3人~4人家族。

3割程度が、子育ても終わり、ご夫婦だけの暮らしになった方々です。

ここ最近は、少しづつご夫婦だけの暮らしの方からのご依頼が増えてきています。

例えば、

蔵替え」は、ご夫婦のために質蔵をフルリノベーションした事例。

蔵替え

加曽利の家」は、平成元年につくられた分譲住宅を

ご夫婦のために部分的にリノベーションした事例。

加曽利の家

印旛の家」は、ご夫婦のために新築された平屋。

印旛の家

ちはら台の家」は、築19年のハウスメーカーによる分譲住宅を

ご夫婦のためにフルリノベーションした事例。

ちはら台の家

こうして、ご夫婦のためにリノベーションしたり新築したりするケースが

増えてきていると思います。

子育て世代がつくる住宅との違いは、

曖昧な部分が少なく、自分たちが実現したい空間や必要な機能を

しっかりと持っているということです。

私としても、こうして“ご夫婦のための住宅”をつくることで、

子育て世代の方が家を建てるときに、

将来、子どもたちが巣立った後のことをアドバイスできるようになります。

そういう意味でも、これからもっと“夫婦の家”をつくっていきたいと思います。

ご依頼お待ちしております。笑




お問合せ

住宅相談会・勉強会
※もちろん無料です。

 

Posted on 2016-11-29
緑愛

少し前ですが、所用があって

ちはら台の家」に伺いました。

そのとき、キッチン脇のベンチ

掃き出し窓から見える庭が、

緑愛のみどり

この様にたくさんの緑で埋め尽くされていました。

この緑たちは、ご主人の愛情をたっぷり

注ぎ込まれ、いきいきとしていて

見る人を元気にしてくれます。

リビングの正面にある地植えの庭とは違う、

ベンチに座った人だけが楽しめる

ひっそりした雰囲気の庭になっています。






ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

ご相談、お問い合わせはコチラよりお願い致します。

 

Posted on 2016-11-14
エコリフォーム事例集掲載

板硝子協会が発行した

窓のエコリフォーム事例集表紙

「窓のエコリフォーム事例集」に

ちはら台の家』が掲載されています。

窓のエコリフォーム事例集記事

なんどとなく“エコガラス”の事例紹介で掲載して戴いていますが、

エコガラスの普及に少しでもお役にたてれば幸いです。

ちはら台の家」もエコガラスのお蔭で快適に過ごして戴いております。






ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

ご相談、お問い合わせはコチラよりお願い致します。

 

Posted on 2016-10-03
雑誌掲載

50代からの心を満たす、生き方・暮らし方マガジン

ときめきに“ちはら台の家”が

『軽量鉄骨の建売住宅が木の家に変身!

暑さも寒さも解消して、家じゅうに

落ち着ける居場所のある住まい』として

掲載されています。

ときめき表紙

表紙は伊藤蘭さん。相変わらず綺麗です。

ときめき表紙リノベ部分

“50代からの定年リノベ”というテーマの特集で掲載されています。

ときめき内部

ときめき内部キャッチ

家だけでなく、そこに住む人の心までリノベーション出来るんですね。

ときめき内部詳細

暮らしをつくり出すように、造作家具で居場所を沢山つくりました。




量を満足させるために大量生産された建売住宅は、

性能と共に間取りの変更を求められる時代になってきています。

そこに、夫婦の関係の変化も合わさり、

リノベーションをされる方が増えつつあるようです。

これからも、性能的にも意匠的にも質を高めていく

リノベーションをしていきたいと思います。




お問合せ

住宅勉強会

ちはら台の家 千葉県建築文化賞

 

Posted on 2016-06-28
ベンチの味

日曜日に「ちはら台の家」へ2年点検で伺ってきました。

うちのアトリエは、お引渡しをして3ヵ月、6ヵ月、1年、2年の

定期点検を行っています。2年目以降は、随時点検しています。


点検に伺ったのに、

「まあまあ、先ずは、暑いから自家製の梅ジュースをどうぞ」

と、丁度いい酸味の梅ジュースをいただき、

「これは、近所のケーキ屋さんで買ってきたやつなんで」

と、美味しいフルーツタルトをいただき、

美味しくいただいているそばから、

今度は、ほど良い苦みのアイスコーヒーがでて来たと思ったら

「これは、葛です。さんくらんぼのやつとリンゴどちらがいいですか?」

ということで、さくらんぼの方をいただき、

「井戸水を汲んできた水でさっきの豆と違う珈琲を淹れますね。

氷もその井戸水からつくってますから」

珈琲を淹れていただいている間、カウンター脇の

庭を眺めることができるベンチに座って、

ベンチを味わっていました。

ベンチの脇に掃き出しの大きな窓があるんですが、

その窓から手入れのされた可愛い庭を感じることができて

とても良い空間になっていました。

もの凄く美味しいベンチでした。

庭を眺めるベンチ

ベンチを味わう

そして、淹れて戴いた美味しいアイスコーヒーをいただき、

やっと重い腰を上げて、ちょっとだけ点検して、

微妙な建具の調整をするということを議事録に書いて、

「どうぞ、どうぞ」

ということで、また腰かけて美味しいお茶をいただき、

気がついてみれば、6時間くらいお邪魔していました。

なにをしに行ったんでしょうか。笑

ごちそうさまでした!!!






ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

ご相談、お問い合わせはコチラよりお願い致します。

 

Posted on 2016-03-25
チーバくんと表彰式

チーバくんとツーショット

先日の3月23日(水)に千葉県庁で建築文化賞の表彰式に行ってきました。

表彰式の後、チーバくんとのツーショット!

久しぶりのネクタイ姿で照れ笑い、、、

建て主ご夫妻と工務店さんたちと蕎麦屋さんでの祝賀会は

とても楽しい時間で、一生の思い出になりました。

作品集2

表彰作品集にもしっかり1ページを使って掲載して戴き、

今後の励みとなりました。


ちはら台の家」は戸建て住宅のフルリノベーションです。

“部屋を家に開く、家をまちに開く”という

素敵なコピーを付けて戴きました。

このコピーの通り、この家がちはら台のまちに

開いて行って欲しいと願っております。


これを機に、益々リノベーションも頑張って行きたいと

思っておりますので、よろしくお願い致します。






ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997