鎌ケ谷の家M

Posted on 2018-10-12
作業台取付

「鎌ケ谷の家M」では、先日仮付けした作業台を取付けました。

この作業台、もともとは座卓としていままで使われていたもので、

いま建っている御母屋を建てるときに、一緒につくった欅の座卓の天板を

再利用しています。

養生しているので、その表情をこの写真で見ることはできませんが、

綺麗な木目に玉杢や縮杢が混ざっていて

目を楽しませてくれます。

脚は、大工さんが手持ちの材料の中から合うものを選んでくれて

作業時に邪魔にならないように、斜めにカットしてくれてあります。

いつも使うカウンターに、想い出の家具を使うことで

単なる台では無くなりました。

この作業台をお披露目出来る日が楽しみです。




印旛の家」でも、御母屋の大きな丸太梁を本棚にしたり、

差し鴨居をカウンターにしたり、

煤竹を床柱にしたり、

広縁の欅の縁甲板を床の間の地袋の天板にしたりして

御母屋の思い出を新しい家に引き継いでいます。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-10-04
2つの現場。

埼玉県蓮田市の「椿山の家」と千葉県鎌ケ谷市の「鎌ケ谷の家M」は、

ほぼ同じような感じで進んでいます。




「椿山の家」では、キッチンバックカウンターと吊戸棚の

設置工事が行われていました。

建具も搬入され、吊込みを待つばかりです。

2階の廊下です。

少し暗めの中、薄光が天井を照らし、ラワンの木目が浮かび上がる感じは好きです。

手前の飾棚がしっかりあり、安定感があるのも好きな感じです。




「鎌ケ谷の家M」も造作が進み、空間のカタチはわかるようになっています。

茶の間から玄関ホールをみると、少し角度が付いています。

これは、茶の間を敷地形状に合わせずに、真南に向けているから

平面に角度が付いているからです。

角度はついていますが、茶の間から入った風が

玄関へと流れ、外に抜けていくようになっています。


いまの御母屋をつくったときに一緒に製作した欅の座卓を

今回の家で、作業カウンターにするということになり、

大工さんに、壁に仮置きしてもらいました。

少し、長さが短く、サッシの端まではいきませんが、

愛着のある座卓を再利用出来るのは、良いことだなぁと思いました。

処分されることなく、また新しい家で使い続けられるなんて素敵ですね。

 

Posted on 2018-09-21
雨の現場

今日は、、いっきに気温が下がり、冷たい雨が一日中降っていました。

「鎌ケ谷の家M」の現場は、そんな雨の日でも掃出窓を開けて作業していました。

雨が降っていても、軒が深いので今日くらいの雨では、

掃出窓を開けていても雨が入ってきません。

軒は、日射をコントロールするだけでなく、こうして雨の日の換気にも役立ちます。

雨が入ってこないということは、外壁に雨が当らないということなので、

外壁の保護にも役立っています。




トイレの引戸枠です。

ごつく見えないように、先端を薄く加工しています。

実は、この引戸枠は当初の図面と違うつくりに変更しています。

トイレ内部から引戸を吊込むように考えていたのですが、

便器が邪魔して、吊込むのが難しいということで、

上の写真のように、トイレの外から引戸を吊込めるように

図面を描き直したのでした。

現場でのやり取りは、勉強になります。




ボードを張り終えた茶の間に続く寝室は、スッキリして図面以上に広く感じました。




大工工事も終盤に入り、現場は日毎に変化して、

監理に行くのが更に楽しく感じます。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-09-14
内部空間が現れ始める

「鎌ケ谷の家M」では、鴨居や縦枠が取付けられ、

天井に石膏ボードが張られ始めています。

ボードが張られることで、内部空間が現れてきます。

逆に、鴨居や枠の存在は出来る限り出てこないようにしています。

これは、空間のカタチを出来る限り純粋に見せ、

その空間に身を置いた人に、スッキリとした印象を与えるためです。

なので、この寝室と茶の間を仕切ったり、繋げたりする4本引戸の鴨居も

天井より僅かしか出さないようにするとともに、天井の仕上材に近い色で塗装し

その存在を消していくことになります。

そうすることで、この茶の間と寝室の空間が無意識の中で

「なんかわからないけど気持ち良い」という印象の空間に近づくと考えています。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-08-28
断熱材途中

「鎌ケ谷の家M」では、断熱材施工が行われていました。

コンセントやスイッチには気密ボックスを使用し、

すき間を無くすようにしています。

※まだ完全に工事が終わった状態ではありません。

断熱材が終わると、枠の取付など、造作工事が始まります。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-08-07
床張り工事開始

「鎌ケ谷の家M」では、床張り工事が開始されました。

玄関ドア枠も取付が終わり、着々と進んでおります。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-07-20
屋根板金工事

「鎌ケ谷の家M」では、屋根板金工事がされていました。

今回は「棟換気」があるので、棟部分は若干ごつくなりますが、

タテハゼ葺きのハゼの立ち上がりを低く抑えているので、

あまり気にならないかもしれません。




軒が深い上に、高性能ガラスにしているので

猛暑の昨日も、ガラス表面に手を当てても、それほど暑く感じませんでした。

もう高性能ガラスが当たり前の時代になっていますね。




いつも通りの中千木材の床材 “ セーフティボード ” も搬入されていて

もうしばらくしたら床が張り始められます。

現場の気温も35度で、屋根で仕事をしている板金屋さんはもちろん、

中で仕事をしている大工さんも、くれぐれも熱中症には気をつけてもらいたいですね。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-07-07
構造用面材張り

「鎌ケ谷の家M」では、構造用面材の “ ダイライト ” を張り始めていました。

ここ最近、風が強いので面材を張るのは一苦労です。

こうして壁が少しづつ出来あがってくると、

建物のカタチが浮かび上がってきて、家をつくっている実感が沸いてくるようで、

建て主さんも、家が出来てくる様子を楽しみに見てくださっているようです。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-06-29
屋根工事

「鎌ケ谷の家M」は、屋根が掛かっていました。

南側は、いつものように軒を深くしています。

屋根面を水平構面として更に強くするために、

それ用の金物を使い、垂木と桁、棟木を留めています。

平面形状が斜めのところに切妻屋根を掛けているので、

北東部分の屋根形状が複雑になっています。

窓台、マグサを設置し始めていて、

それが終わると、外壁の構造用面材を張る作業が始まりまり、

より建物の形状が浮かび上がってくるようになります。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-06-18
上棟

6月17日(日)友引の昨日、

「鎌ケ谷の家M」が上棟しました。

建前をやっているときの大工さんや鳶さんは、

普段に増して格好良く見えます。

今回も大工による手刻みで軸組みをつくったのですが、

平面形状が斜めで、その形状を無視するように切妻屋根を掛けたので、

登梁の勾配が複雑なものになり、梁の長さを出せるのか?心配していたのですが

ほぼ問題無く出来ていました。2本だけ長さを間違い、

加工し直して取付けることになりました。

その程度の直しで建前を終えることができたのは上出来だと思います。

田中兄弟工務所の棟梁の覚さんが弊串を付けて

めでたく上棟となりました!!!

覚さんをはじめ、みなさんお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。




建て主さんに料理をご用意戴いて、直会をしました。

大工さん、鳶さん、無事に上棟で来て、やっと気を緩めることができ、

直会ではお酒の力もあって、

饒舌になっていろんな楽しい失敗談に花を咲かせていました。笑

とても和やかで楽しい直会になりました。

建て主さんにも、とても喜んで戴けて

最高の一日になりました。

これから本格的に木工事が始まります。

みなさん、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会