椿山の家

Posted on 2018-12-11
スタディスペース

全開サッシを介して縁側とアプローチに繋がる
埼玉県「椿山の家」のスタディスペース。

そのスタディスペースからリビングを見る。






「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-07
父の居場所

住宅は “ そこに住む人のために ” つくられます。

家族で住む場合は “ 家族のために ” つくることになります。
「家族の気配を感じたい」、「子どもとの時間を大事にしたい」などなど、
家族とのつながりを重視した設計で家をつくることが多いです。

がしかし、
「たまには自分だけの時間を過ごしたい」とか
「趣味に集中して取り組みたい」とか
ご主人からのそいう要望も多いのも事実です。

先日お引渡しをした「椿山の家」にも “ 父の個室 ” があります。

こちらのご主人は、革細工の趣味があって
ここで一人没頭するために、この場所をつくりました。
空手の道着やトロフィもこのスペースに仕舞います。

収納部分も併せて4畳ほどの狭いスペースですが
逆に、その狭さが落ち着きのある空間をつくっているように思います。




この他にも、もっとマニアックな個室がこちらです。

白子の家」の父のための個室なんですが、
約1.6畳の狭さに加え、入口の高さが約1メートルと言う低さ。
くぐることで、異空間に入っていく感じになります。

家族とつながるだけでなく、ひとりになれる空間を用意しておくことで
懐の深い住宅になる様な気がしています。

※ただし、その分の建築費は当然掛かってきますから、、、汗
 十分ご検討戴きまして、ご計画下さいます様お願い致します。汗&笑

 

Posted on 2018-11-27
表札とポスト

埼玉県「椿山の家」のポストと表札の検討。

まずは、うちの事務所の錆鉄の切り文字とポストの例をお伝えしました。

この “ 錆鉄ポスト ” は、当然錆ます、、、。

でも、肉厚があるので30年くらいは大丈夫と
製作者が言っていました!

ちなみにうちのポストは設置から5年ほど経っています。




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-11-23
アプローチに縁側

埼玉県「椿山の家」は、今日、先ほどお引渡しをしました。
とても喜んで戴き、心温まるお手紙まで戴いて
私たちも感動しました。




「椿山の家」は、お隣にお母様のご自宅があって
その家との関係も考えた設計になっています。

南道路から建物の東側を通るアプローチにしていますが、
そのアプローチとお母様の家への入口を繋げています。

アプローチには “ 縁側 ” を設けて、そこで孫とお茶をしたり
子供の友だちが気軽に遊びに来れる仕掛けになっています。

さらに “ 縁側 ” はスタディスペースに繋がっていて、
仲の良い友だちは、ここから入って、スタディースペース周辺で
一緒に遊んだり、勉強したりできるようになっています。

“ 縁側 ” を置くことで、アプローチが単なる出入りのための通路ではなくなり、
コミュニケーションの場や憩いの場になります。

小さな空間ですが大きな効果を期待できるのが “ 縁側 ” だと思います。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-11-22
ご参加ありがとうございました

先日の「椿山の家」完成見学会には沢山の方にお越しいただきました。

お越し下さった皆さん、ありがとうございました。

また、見学会に間に合うようにご協力くださった大滝建設さん、

お忙しい中ありがとうございました。

そして、見学会開催をご快諾くださった上に、

いろいろとご協力下さいました建て主さん、

本当にありがとうございました。


これからご自宅をご検討の方、設計初期段階の方、

すでにご自宅が建ち始まっている方、

建て主さんのお友達、建築家の方々、

工務店の方々にお越しいただきました。

みなさま誠にありがとうございました。

 

Posted on 2018-11-14
両方とも完成間近

千葉県「鎌ケ谷の家M」は板塀と玄関土間の洗出し仕上がされました。

現在は、微調整が行われ、次の日曜日の引渡に向けて頑張っているところです。

本日、現場で打合せをした埼玉「椿山の家」は、

補修作業と塗装工事が行われていました。

こちらも、今週末に行われる完成見学会に向けて工事が進められていました。

どちらの住宅も引渡を間近に迎え、建て主さんの「早く住みたい!!」という

気持が強く伝わってきました。

 

Posted on 2018-11-12
玄関土間工事

埼玉県「椿山の家」では、玄関土間に “ コンクリート平板 ” を敷き込む

工事がされていました。

玄関土間は、タイル仕上を良く目にしますが、

路地の様なアプローチに続く玄関をつくろうと思い、

コンクリート平板をアプローチから玄関土間まで繋げて

敷き込んでいます。

素朴な材料ですが、存在感があります。

スタディスペースの前の “ 縁側 ” との相性も楽しみです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


埼玉県蓮田市で設計監理をしております「椿山の家」がもうすぐ完成します。
建て主さまのご厚意で完成見学会を開催することになりました。
ぜひ皆様にご覧いただきたく、ご案内申し上げます。


開催日時 11月17日(土)・18日(日)
     両日とも14:00~17:00



■完成見学会への参加お申込み方法
【お申込み受付は11/14(水)までとなります】
 
こちらのフォーム
・お名前、・メールアドレス、・郵便番号、・住所、・電話番号
をご記載戴き、
・件名に「椿山の家 完成見学会参加希望」とご記入ください。
また、・メッセージ本文 に
「参加人数(大人・子供)」、「おおよそのご来場時間」を
ご記入の上、“ メールを送信 ” をクリックして下さい。

追って、こちらより案内図など資料をお送りいたします。
お申し込み後、3日間経っても、こちらからメールが届かない場合は
不具合が起きている場合がございますので、
お手数をお掛け致しますが、043-254-997までお電話下さい。




中学生の男の子、小学生の女の子、保育園に通う女の子と
空手と筋トレと革細工が趣味のご主人、ラクロスをやっている奥さまの
5人家族のための住まいです。

路地の様なアプローチには縁側を設け、お隣に住むお母さんや
子供たちの友達をもてなす場にもなっています。その先に進むと深い庇が
かかったポーチに辿り着き、木の玄関ドアを開けていよいよ家の中に入ります。

家族室(リビング・ダイニング)と一体空間のスタディスペースがあります。
その一体空間には3つの全開できるサッシがあり、庭とお隣のお母さんの家に
繋がります。そして、その窓には内側に雨戸と障子が仕込まれていて
防犯性と断熱性を確保しています。

地元埼玉県で活躍している大滝建設に施工をお願いしました。
とても丁寧に、そして誠実に仕事をして戴いております。
その仕事ぶりも見ていただけたらと思います。




■建築概要

最寄りの交通機関:JR蓮田駅(バス利用で11分)
         東北道 蓮田スマートインターチェンジ(下りのみ)
敷地面積:205.16㎡(61.98坪)
法上の延べ面積:124.20㎡(37.52坪)
構造・規模:木造軸組工法(耐震等級3レベル)2階建て
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ 野口修一
施工管理:大滝建設 大滝正雄

■主な仕様
屋根 :ガルバリウム鋼板タテハゼ葺き
外壁:ガルバリウム鋼板小波板+強化石膏ボード15t
   そとん壁
天井:ラワンベニア・和紙
内壁:和紙
床 :杉無垢フローリング(床暖房)




■完成見学会への参加お申込み方法

こちらのフォーム
・お名前、・メールアドレス、・郵便番号、・住所、・電話番号
をご記載戴き、
・件名に「椿山の家 完成見学会参加希望」とご記入ください。
また、・メッセージ本文 に
「参加人数(大人・子供)」、「おおよそのご来場時間」を
ご記入の上、“ メールを送信 ” をクリックして下さい。

追って、こちらより案内図など資料をお送りいたします。
お申し込み後、3日間経っても、こちらからメールが届かない場合は
不具合が起きている場合がございますので、
お手数をお掛け致しますが、043-254-997までお電話下さい。

 

Posted on 2018-10-29
内装工事終了寸前

「椿山の家」は、いよいよ内装工事が終わります。

今回は、玉紙という撥水和紙で壁天井を仕上ています。




キッチンは一部タイルを貼っています。






2階の子供部屋も同じ玉紙で。






そもそも、玉紙は、この方この方、そしてこの方から
教えていただいて、私も使い始めたのでした。

撥水性があるので、多少水がかかる様な部分にも使えるという機能がある上に、

和紙自体の調湿効果もあり、貼り上げた空間を柔らかな雰囲気にしてくれる

良い仕上材だと思います。

私は、突き付け仕上よりも重ね貼り仕上の方が和紙らしくて好きです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


埼玉県蓮田市で設計監理をしております「椿山の家」がもうすぐ完成します。
建て主さまのご厚意で完成見学会を開催することになりました。
ぜひ皆様にご覧いただきたく、ご案内申し上げます。


開催日時 11月17日(土)・18日(日)
     両日とも14:00~17:00



■完成見学会への参加お申込み方法
【お申込み受付は11/14(水)までとなります】
 
こちらのフォーム
・お名前、・メールアドレス、・郵便番号、・住所、・電話番号
をご記載戴き、
・件名に「椿山の家 完成見学会参加希望」とご記入ください。
また、・メッセージ本文 に
「参加人数(大人・子供)」、「おおよそのご来場時間」を
ご記入の上、“ メールを送信 ” をクリックして下さい。

追って、こちらより案内図など資料をお送りいたします。
お申し込み後、3日間経っても、こちらからメールが届かない場合は
不具合が起きている場合がございますので、
お手数をお掛け致しますが、043-254-997までお電話下さい。




中学生の男の子、小学生の女の子、保育園に通う女の子と
空手と筋トレと革細工が趣味のご主人、ラクロスをやっている奥さまの
5人家族のための住まいです。

路地の様なアプローチには縁側を設け、お隣に住むお母さんや
子供たちの友達をもてなす場にもなっています。その先に進むと深い庇が
かかったポーチに辿り着き、木の玄関ドアを開けていよいよ家の中に入ります。

家族室(リビング・ダイニング)と一体空間のスタディスペースがあります。
その一体空間には3つの全開できるサッシがあり、庭とお隣のお母さんの家に
繋がります。そして、その窓には内側に雨戸と障子が仕込まれていて
防犯性と断熱性を確保しています。

地元埼玉県で活躍している大滝建設に施工をお願いしました。
とても丁寧に、そして誠実に仕事をして戴いております。
その仕事ぶりも見ていただけたらと思います。




■建築概要

最寄りの交通機関:JR蓮田駅(バス利用で11分)
         東北道 蓮田スマートインターチェンジ(下りのみ)
敷地面積:205.16㎡(61.98坪)
法上の延べ面積:124.20㎡(37.52坪)
構造・規模:木造軸組工法(耐震等級3レベル)2階建て
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ 野口修一
施工管理:大滝建設 大滝正雄

■主な仕様
屋根 :ガルバリウム鋼板タテハゼ葺き
外壁:ガルバリウム鋼板小波板+強化石膏ボード15t
   そとん壁
天井:ラワンベニア・和紙
内壁:和紙
床 :杉無垢フローリング(床暖房)




■完成見学会への参加お申込み方法

こちらのフォーム
・お名前、・メールアドレス、・郵便番号、・住所、・電話番号
をご記載戴き、
・件名に「椿山の家 完成見学会参加希望」とご記入ください。
また、・メッセージ本文 に
「参加人数(大人・子供)」、「おおよそのご来場時間」を
ご記入の上、“ メールを送信 ” をクリックして下さい。

追って、こちらより案内図など資料をお送りいたします。
お申し込み後、3日間経っても、こちらからメールが届かない場合は
不具合が起きている場合がございますので、
お手数をお掛け致しますが、043-254-997までお電話下さい。

 

Posted on 2018-10-21
下地処理・下塗

埼玉県「椿山の家」では、仕上前の工事が進められています。

上の写真は、内装の和紙を貼る前の下地処理の様子です。

丁寧にパテを塗り、サンドペーパーでそのパテを削り平滑な下地を作ります。




外部では左官屋さんが “ 描き落とし仕上 ” の前の下塗りをしてありました。

アップで見ると、

クラック(割れ)が入りにくいように

全面にファイバーネットが下塗りの下に塗りこまれています。

こうして、しっかりと下処理がしてあるので

仕上が綺麗になるんですね。

地味ですが、とても重要な仕事なんです。

仕上工事よりも下地処理や下塗りの方が大事で、

下地処理、下塗りの出来で、仕上の善し悪しが決まってしまいます。

ということで、仕上が楽しみな下地処理、下塗り工事でした。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-10-14
塗装と家具工事

埼玉県「椿山の家」は、木工事もほぼ終わり、

絶賛塗装中です。

その脇で、建具屋さんが引出をつくってくれていました。

外構工事も始まり、いよいよ完成を意識する時期になりました。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会