椿山の家

Posted on 2019-02-23
1/2成人式

先日、造園工事の確認のために伺った埼玉県「椿山の家」。

株立ちのアオダモなどが植えられた庭からリビングにつくり付けられたソファを見ると
“ 1/2成人式 ” を迎えた長女ちゃんが座っていました。

この日は授業参観が合って、そのあとに小学校で “ 1/2成人式 ” を行ったそうです。
いつもはクールな長女ちゃんも、おばあちゃんからの手紙で涙したそうです。

クールに見えて、内に秘めた熱いものを持っているのかもしれません。
そういえば、この長女ちゃんが、一番この家の完成を待ち望んでくれていて、
家族のだれよりも、この家に早く住みたいと言うことを言ってくれていましたし、
工事中も友達を呼んで、家のことを嬉しそうに説明してくれていました。

その長女ちゃんが5年生になる頃、この庭が完成します。




長女ちゃんの妹ちゃんは、私たちにアリエルのドレス姿を披露してくれていました。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-02-21
造園一旦完了

昨年末から進めていた埼玉県「椿山の家」の造園工事。

山野草を好きなお母さまのご意見を伺いながら
進め、ようやく下草や低木、グランドカバーを除いて
ある程度カタチになりました。

これから先の造園工事は、春にって活きの良い植物たちが
手に入るようになってから行うことになりました。
4月くらいには完成しそうです。




今回の「椿山の家」は、ベテランの男性造園家にお願いしましたが、
「おゆみ野の家」は女性造園家にお願いしていました。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-02-12
雪にさわりたい

雪が降った次の日の「椿山の家」。
建て主さんが撮った写真を送ってくれました。

埼玉の方は、さほど雪が降らなかったらしいですが、
庭に薄らと雪が積もり、子供たちを楽しませてくれます。

戸建て住宅では当たり前のことかもしれませんが、
リビングの前に “ 庭 ” があるのがやっぱり良いですね。

子供を目の前の庭で遊ばせることができる。

自分の庭の土の匂い、手触り、踏み心地。
庭の木の匂いや葉の色や木肌。
庭から受ける感覚的なものの多さは
計りしれません。

庭が無いと、近所の公園まで行かなければならず、
子供を着替えさせ、自分も着替え、
公園までの道のりも、子供だと大変ですよね。
機能的な意味でも、庭の重要性を感じます。

子育ての視点から考えても、
家に “ 庭 ” があることの効果は大きいように思います。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-02-06
18 DESIGN MUSEUM

先日、「椿山の家」に伺ったとき、
長男くんが、こんな素敵なものをつくっていました。

「椿山の家」をdesign museumとして紹介したリーフレット。

そして、展示スペースも

フライヤーの置き方もこだわっていて、
本格的な感じです。笑

今製作中の庭も “ design庭園 ” として開放されるようです。笑

友だちをこのdesign museumに案内して、
一緒に展示物などを鑑賞しているようです。笑

私のことも、しっかりと調べてリーフレットに載せてくれています。

この長男くんは、中学1年生なのですが、ひとりであちこちの美術館に行くほど
アートやデザインが好きで、自分自身でも作品をつくっています。

実際、上で紹介したリーフレットは、なかなかの完成度だと思います。
(ちょっとスペルが間違ったりはしていますが、、、)

ということで、みなさんもどうぞ蓮田市にある “ 18 DESIGN MUSEUM ” へ
足をお運びください!!
ご興味ある方は、私までご連絡を!
長男くんに伝えて案内をしてもらいようにしますので。




「四街道の家」の画伯からも素敵な絵を戴いていました。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-02-04
子供部屋?

先日、「椿山の家」へ。

「椿山の家」は3人の子さんがいらっしゃるのですが、
一番下の子に大歓迎してもらえました!!笑

アリエルのドレスに着替えて再登場したそのあと、
“ 自分の部屋 ” を見せてくれたのが下の写真です。

階段下の収納スペースに、フロアライトとテーブルを置いて
“ 自分の部屋 ” にしていました。

高さも、十分で、意外と快適そうでした!!

新しい家を、子供たちもとても喜んでくれているようで
本当に嬉しく思いました!!

末っ子ちゃんは、この動画にも登場しています。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-01-31
椿山の家の記録


「椿山の家」の出会いからお引き渡しまでの記録です。

2016年11月6日に勉強会のお申込みをいただき、
11月27日に初めてお会いして、
2年後の2018年11月23日にお引き渡しをしました。

ハウスメーカーとの契約を破棄して
私たちと一緒に家づくりをしていただくことになり、
設計を始めてからも予算をオーバーしましたが、
本当に必要な面積、必要なものを選択し、
それ以外をそぎ落としていき、
内容を研ぎ澄ませることができました。
その辺のやり取りの打合せ議事録などが
動画に収録されています。
工事が始まってからも、打合せを繰り返しました。
一方で、工務店さんとも詳細図を沢山描いて
事前に打合せをするとともに、
現場でその図面をもとに、打合せを重ねました。

そうして出来上がった家は「普通の家」になったと思います。

出会いからお引き渡しまで2年というと、
長い様に感じられるかもしれませんが、
私も建主さんも「あっという間の2年だった」と言う
感想です。

現在は、造園工事が下草とグランドカバーを除いて
終わっているところです。

家づくりは、プロセスがとても大事だと思います。
私たちは、プロセスに重点を置いて家づくりを行っています。




「蓮田の家」の模型製作と上棟の様子もココにアップしています。
「印旛の家」の上棟の様子もココにアップしています。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-22
造園開始

「椿山の家」の造園工事が始まりました。
植木が入ると、一気に庭の雰囲気が出てきます。



「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

RSS Feed  Posted in 椿山の家 | No Comments »

 

Posted on 2018-12-20
飾棚

両親が息子への自己表現の場を用意してあげた例です。

上の写真は「椿山の家」の2階廊下に設けた “ 飾棚 ” です。

この “ 飾棚 ” は、歴史や美術が好きな中一の息子のために
両親がつくってあげたものです。

ひとりで美術館を巡り、知識と感性を働かせて鑑賞していて
中一の彼に、いろいろと教えてもらう場面が多々ありました。
(私の知識と感性の乏しさ故からですが、、、)

『知識を持たずに鑑賞するよりも
     きちんとした知識を持って鑑賞する方が理解しやすい』

と、聴いてしまえば、もっともな内容なので
なんてことないように聞こえてしまうのですが、
実際に、彼のように美術館に行く前に、事前にきちんと知識を持って
鑑賞している人が何人いるでしょうか、、、。
単に、自分の感性だけで好き嫌いを判断するのではなく、
その作品のこと(意味や理由)を知り、最終的に表現されたものを
鑑賞するという彼の姿勢に、ハッとさせられたことを思い出します。

そして、上の写真の “ 飾棚 ” は、いま彼の蔵書やコレクションが
少しづつ展示されているところです。
これは後日、竣工写真を撮影したときにご紹介いたします。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

こちらの家もフィギアを飾る大きな棚をつくったのでした!

 

Posted on 2018-12-11
スタディスペース

全開サッシを介して縁側とアプローチに繋がる
埼玉県「椿山の家」のスタディスペース。

そのスタディスペースからリビングを見る。






「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-07
父の居場所

住宅は “ そこに住む人のために ” つくられます。

家族で住む場合は “ 家族のために ” つくることになります。
「家族の気配を感じたい」、「子どもとの時間を大事にしたい」などなど、
家族とのつながりを重視した設計で家をつくることが多いです。

がしかし、
「たまには自分だけの時間を過ごしたい」とか
「趣味に集中して取り組みたい」とか
ご主人からのそいう要望も多いのも事実です。

先日お引渡しをした「椿山の家」にも “ 父の個室 ” があります。

こちらのご主人は、革細工の趣味があって
ここで一人没頭するために、この場所をつくりました。
空手の道着やトロフィもこのスペースに仕舞います。

収納部分も併せて4畳ほどの狭いスペースですが
逆に、その狭さが落ち着きのある空間をつくっているように思います。




この他にも、もっとマニアックな個室がこちらです。

白子の家」の父のための個室なんですが、
約1.6畳の狭さに加え、入口の高さが約1メートルと言う低さ。
くぐることで、異空間に入っていく感じになります。

家族とつながるだけでなく、ひとりになれる空間を用意しておくことで
懐の深い住宅になる様な気がしています。

※ただし、その分の建築費は当然掛かってきますから、、、汗
 十分ご検討戴きまして、ご計画下さいます様お願い致します。汗&笑