土間から四季を、呼吸する家

Posted on 2018-12-10
ここも断熱

葉山「土間から四季を、呼吸する家」は、低炭素住宅の認定を受けています。

外皮計算をし、断熱性能を数値化して確認しています。
私が設計している他の住宅と同程度の断熱性能ですが、
数値化したことで、普段の仕事でやっている断熱性能の
高さがわかりました。

この家も、それ以外の家もなのですが、
浴室の基礎や土間部分にも断熱材を施します。

これは、私だけがやっているということでは無くて
みんなやっていることなので、
とくにお伝えするほどのことでも無いのですが
家って「ここも断熱してるんですよ」ということを
知って欲しくてアップしました。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-01
「離れ」に階段

葉山「土間から四季を、呼吸する家」は、
着々と工事が進んでおります。

「離れ」に階段が付いて、一気に御母屋との親密性が出てきました。






土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-11-21
上棟

先日の11月7日(水)に

「土間から四季を、呼吸する家」が上棟しました!!!

小ぶりながらも、離れもあり、建て前は少し大変でした。

なんとか大工さんが頑張って、目出度く上棟となり、

これから本格的に木工事が始まります!!!


そして先日の11月19日(月)に構造検査を行いました。

大きな問題も無く、順調に進んでおります。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-11-05
土台敷き

葉山の「土間から四季を、呼吸する家」は、今日、土台を敷きました。

棟梁親子が、丁寧に土台を敷いていきます。

この家は、土間スペースが多いので、土台が少ないです。

建前は、明後日の11月7日(水)。

離れもあるので、建前が楽しみです!!




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは「椿山の家」の完成見学会のお知らせです。

埼玉県蓮田市で設計監理をしております「椿山の家」がもうすぐ完成します。
建て主さまのご厚意で完成見学会を開催することになりました。
ぜひ皆様にご覧いただきたく、ご案内申し上げます。


開催日時 11月17日(土)・18日(日)
     両日とも14:00~17:00



■完成見学会への参加お申込み方法
【お申込み受付は11/14(水)までとなります】
 
こちらのフォーム
・お名前、・メールアドレス、・郵便番号、・住所、・電話番号
をご記載戴き、
・件名に「椿山の家 完成見学会参加希望」とご記入ください。
また、・メッセージ本文 に
「参加人数(大人・子供)」、「おおよそのご来場時間」を
ご記入の上、“ メールを送信 ” をクリックして下さい。

追って、こちらより案内図など資料をお送りいたします。
お申し込み後、3日間経っても、こちらからメールが届かない場合は
不具合が起きている場合がございますので、
お手数をお掛け致しますが、043-254-997までお電話下さい。




中学生の男の子、小学生の女の子、保育園に通う女の子と
空手と筋トレと革細工が趣味のご主人、ラクロスをやっている奥さまの
5人家族のための住まいです。

路地の様なアプローチには縁側を設け、お隣に住むお母さんや
子供たちの友達をもてなす場にもなっています。その先に進むと深い庇が
かかったポーチに辿り着き、木の玄関ドアを開けていよいよ家の中に入ります。

家族室(リビング・ダイニング)と一体空間のスタディスペースがあります。
その一体空間には3つの全開できるサッシがあり、庭とお隣のお母さんの家に
繋がります。そして、その窓には内側に雨戸と障子が仕込まれていて
防犯性と断熱性を確保しています。

地元埼玉県で活躍している大滝建設に施工をお願いしました。
とても丁寧に、そして誠実に仕事をして戴いております。
その仕事ぶりも見ていただけたらと思います。




■建築概要

最寄りの交通機関:JR蓮田駅(バス利用で11分)
         東北道 蓮田スマートインターチェンジ(下りのみ)
敷地面積:205.16㎡(61.98坪)
法上の延べ面積:124.20㎡(37.52坪)
構造・規模:木造軸組工法(耐震等級3レベル)2階建て
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ 野口修一
施工管理:大滝建設 大滝正雄

■主な仕様
屋根 :ガルバリウム鋼板タテハゼ葺き
外壁:ガルバリウム鋼板小波板+強化石膏ボード15t
   そとん壁
天井:ラワンベニア・和紙
内壁:和紙
床 :杉無垢フローリング(床暖房)




■完成見学会への参加お申込み方法

こちらのフォーム
・お名前、・メールアドレス、・郵便番号、・住所、・電話番号
をご記載戴き、
・件名に「椿山の家 完成見学会参加希望」とご記入ください。
また、・メッセージ本文 に
「参加人数(大人・子供)」、「おおよそのご来場時間」を
ご記入の上、“ メールを送信 ” をクリックして下さい。

追って、こちらより案内図など資料をお送りいたします。
お申し込み後、3日間経っても、こちらからメールが届かない場合は
不具合が起きている場合がございますので、
お手数をお掛け致しますが、043-254-997までお電話下さい。

 

Posted on 2018-10-16
基礎工事

葉山「土間から四季を、呼吸する家」の基礎工事。

LDKが土間なので、

給排水管と電気配管を先行して正確な位置に設置。


連日の雨で、基礎の中に雨水が溜まっていました。

「この基礎には、水抜き穴が無いからねぇ」

と、基礎に溜まった水をかき出しながら基礎屋さんがぼやいていました。

水抜き穴を設けると、そこから雨水を出すことが出来ますが、

出来あがってしまえばその穴は不要となるばかりか、

その穴から逆に雨水が侵入したり、

白アリなどの害虫が入ってきてしまうリスクが出てきますので

水抜き穴が無い方が良いのです。

とくに、水抜き穴について工務店さんに指示はしていませんでしたが

私と同じ考えからだと思いますが、

水抜き穴は無く、基礎屋さんがぼやいていたのでした、、、。笑




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-09-25
雨の配筋検査

結構な雨が降る中、葉山の「土間から四季を、呼吸する家」の配筋検査をしました。

御母屋部分については、とくに指摘はありませんでした。

離れの “ はねだしスラブ ” の配筋他について、構造設計者より3点ほど指摘があり、

後日是正することとなりました。

指摘はあったものの、大きな問題も無く

配筋検査を終えることが出来ました。

雨の中、お疲れ様でした。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-09-05
地鎮祭

先日の9月2日(日)大安吉日に、葉山町で進めている

「土間から四季を、呼吸する家」

の地鎮祭を行いました!!!

とても良い地鎮祭になりました。

最後に、宮司さんに “ 鎮物 ” をいただき、

工務店さんに、基礎の下に入れて戴くよう、お願いし

滞りなく、地鎮祭を終えることが出来ました。

いよいよ着工になります!!!




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-07-02
スコーン

先日、6年前に引渡をした「アオハダの家」に、

いま設計中の「土間から四季を、呼吸する家」の建て主さんご家族と

伺いました。




空間の雰囲気や内と外のつながり方、

素材感など、参考になればと思い、土曜日の午後にお邪魔しました。




お引渡し後、何度か訪問させていただいていますが、

伺う度に、暮らしぶりがレベルアップしていて

暮らし方が上手いなぁって、いつも感心します。

その暮らしぶりを写真に収めようとシャッターを切るのですが、

私の腕が悪いこともあって、なかなかその空気感を撮ることができません。




土間から四季を、呼吸する家」の建て主さんには、

空間のボリューム感や雰囲気などを感じて戴けたようで

遠くまで足を運んで戴いた甲斐がありました。




ナラの大きなテーブルでアイス珈琲と

ご主人の手づくりスコーンを戴きました。

沢山ご用意戴いて、食べきれずにお土産にしていただきました。

翌朝の朝食で戴いたのですが、朝から幸せな気持ちになれますね。

抹茶とホワイトチョコのスコーン、ブルーベリーのスコーン、

もう一つは、、、忘れてしまいましたが、、、

甘い豆の入ったスコーンで、とても美味しかったです。




いつも、心のこもったおもてなしをいただき、

本当に感謝しかありません。

ありがとうございました。




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-06-09
そうぞうの家

葉山で設計中の「土間から四季を、呼吸する家」のお子さんが

つくった家の模型。

どうも、お父さんとお母さんが家の話ばかりしていたら

影響を受けて、段ボールで家の模型をつくったみたいです。笑

出来あがった模型の写真を建て主さんがメールで送ってくれました。

きっと玄関ドアは、お父さんがつくったんだと思いますが

可愛らしいデザインです。

アイスの棒のようなものが、はね出しているのも特徴的です。

家づくりって、こうやって楽しんでやらないとですよね。

建築費のことばっかり考えて眉間にシワ寄せてつくっていたら

楽しさも半減しちゃいますよね~。

ということを改めて気付かせてくれた出来事でした。


そういえば、あのときは、すごい家の絵を描いてもらってました!




「土間から四季を、呼吸する家」



建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

 

Posted on 2018-06-04
打合せ

昨日は「土間から四季を、呼吸する家」の打合せを

建て主ご家族としました。

見積用の図面も、ほぼ出来上がりつつあるこの時期に

内容の濃い打合せが出来ました。


『板の間の入口引戸をやめてドアにするか?
       いや、引戸のままにして、押入の引違戸もそのままにして欲しい』

『スクリーンを吊るすので、天井を補強しておく』

『障子の枠は壁より内側にしてほしい。その方が綺麗ですよね』

『収納の内部に棚を2段つけておいて』

『キッチンの収納は全部引出が良い』

『包丁を仕舞う場所は?』

『外の水道には排水は不要』

などなど、、、

目の前で生活が行われているかのような具体的でありながら

楽しい空間になる様な打合せが出来ました。