ノグチのグチ

Posted on 2019-06-10
断熱・気密

千葉県「鎌ケ谷の家D」は、ほぼ断熱工事が終わりました。
“ ほぼ ” というのは、現在、床を張っているのですが、
床を張る際に、断熱材の防湿層が邪魔なので、たくしあげて
壁際の床板を張り、床を張り終えたら、たくしあげていた
防湿層を下地にしっかり留める作業が残っているからです。

上の写真は、スイッチやコンセントの電気ボックス部分の
気密性を確保するために設けた “ 気密ボックス ” です。
“ 気密ボックス ” と防湿層を気密テープで隙間が無いように
留めて行きます。
また、サッシと下地材などとの僅かな隙間は
発泡ウレタンを充填して、断熱性、気密性を確保します。
こうした工事が、建物の基本性能をしっかり守り、
快適性を当然のものにしてくれます。

現時点の断熱材の状況です。
まだまだ不十分な部分もありますが、
石膏ボードを張る前に点検して、
マニュアル通りの施工にしていきます。




「鎌ケ谷の家D」
千葉県鎌ケ谷市
木造平屋 101.77平米(ビルトインガレージ含む)

お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-06-08
7年の豊かさ

7年前にお引渡をした
千葉県「アオハダの家」に、伺ってきました。

7年前は幼稚園生だった長女ちゃんも
中学生になり、小学生の長男くんと一緒の空間だった
子供部屋を仕切りたいと言うことで、
早速、仕切り方などの打合せをしてきました。

それにしても伺うたびに家の外も中も
建て主さんによって、とても豊かになっていて
いつ伺っても、すごいなぁ~と感心してしまいます。

建て主さんがつくった生垣は、当初透けていましたが
いまではしっかり目が詰まり、背丈も生垣らしくなって
とても素敵な緑の目隠しになっていました。

シンボルツリーのアオハダは、上の方の枝が
少し元気が無くなっていて
「葉が落ちたら少し剪定します」
と、建て主さんが仰っていました。

細かったアオダモはすっかり大きくなって
葉を力いっぱい茂らせていました。

内部も、程良く片付けられていて
随所に建て主さんがつくった味わいのある木工家具が
緑やオブジェと一緒に置かれ
味わい深い暮らしを演出していました。

ますます豊かな暮らしぶりになっていくその様子を
今度改めて撮影して戴くお話をして
「アオハダの家」を後にしました。

やっぱり家は、住み始めてから時間が経った方が
良くなるもんですね。
特のこの家は “ 住みこなす ” を超えて “ 住みたおす ”
状態になっているのが、良いと思いました。

 

Posted on 2019-06-07
タンスを置いてみる

千葉県「鎌ケ谷の家D」は、電気配線工事が進み、
現場で実際のコンセントやスイッチ、照明器具の位置を
確認しました。

その際に、テレビの下に置く予定の桐のタンスを置いて、
コンセントやアンテナの位置が問題無いか確かめてみました。

この桐のタンスは、建てなおす前の家でお母さまがお使いになられていたものを
建て主さんが専門の家具屋さんにリメイクしてもらって、
この家で使おうというものです。

お母さまが使う前は、お母さまのお母さま、建て主さんからすると
お祖母さまがお使いになられていたそうです。

3代に渡って使い続ける桐のタンス。
タンス自体のつくりが良いと言うこともありますが、
「使い続けたい」と、思わせるタンスがもっている雰囲気が
タンスの寿命を延ばし、しかも使う人も嬉しい気持ちになるという
すごく素敵なことだなと思いました。

お隣に建てた「鎌ケ谷の家M」でも、
建て替える前の家で使っていた

欅の座卓を作業台に、
欅の板を踏み台に、

再利用しました。




「鎌ケ谷の家D」
千葉県鎌ケ谷市
木造平屋 101.77平米(ビルトインガレージ含む)

お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-05-31
木製全開サッシ

現在工事中の千葉県「鎌ケ谷の家D」は、
木製の全開サッシが取り付きました。

木製全開サッシのための庇も工事が終わっていました。

電気工事も始まり、テレビ廻りのコンセントやアンテナの
電気ボックスも取付けられていました。






直射は制限され、自然光が柔らかい感じで
入ってきています。

今後は、外壁の板金工事と左官工事が進められていきます。




「鎌ケ谷の家D」
千葉県鎌ケ谷市
木造平屋 101.77平米(ビルトインガレージ含む)

お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-05-28
撮影

天気が良くなって、ようやく「椿山の家」の撮影を昨日しました。

天気が良いのは有難いのですが、
暑い!暑すぎます!!

こまめに水分補給しながらの撮影となりました。
今回も、撮影は小泉一斉さん。
ここにアップした写真は、野口によるものです。









階段下の収納は、
末っ子の次女ちゃんの部屋(?)としても使われていました。笑









造園は “ 耕水 ” の湊さんにお願いしました。




西に太陽が移動したころ長女ちゃんが帰ってきて
次女ちゃんと合流。

一番上のお兄ちゃんは、部屋に。




撮影も終盤と言うところで、ご主人がお帰りに。
次女ちゃんのリクエストでマンゴーの飲み物をつくっていました。






夕景を撮影した後、家族写真を小泉さんに撮って戴き
朝から始めた撮影が終わりました。

小泉さんも、私たちも最後はへとへとでした。

とても疲れましたが、
一日、笑顔の絶えない撮影となりました。




この家の他に、小泉さんに撮って戴いた住宅は、

「白子の家」-あったかくて美味しい家-
「四街道の家」-大きなバルコニーのある木の家-
「ひらく間」-全ての「間」がつながるマンションリノベーション-

があります。
こちらの3つの家も、小泉さんによって撮影された住宅です。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-05-26
オープンハウス終了

昨日、葉山「土間から四季を、呼吸する家」の
オープンハウスが終了しました。

沢山の方にお越しいただきました。
お越し下さった皆様、ありがとうございました。

 

Posted on 2019-05-22
二度目の誕生

葉山「土間から四季を、呼吸する家」の撮影を
友達の建築家であり、写真家の小泉一斉さんに
していただきました。

建築は、工事が終わり竣工したときに “ 一度目の誕生 ” を迎えます。

そして、写真家によって、つくり手とは違う視点で撮影されることにより
“ 二度目の誕生 ” を迎えることになります。

実際に何度も目にしてきた実物の空間や外観が
写真家により新たな空間を提示されます。
これこそが正に “ 二度目の誕生 ” を意味していると感じています。

現在、小泉さんによる現像と編集作業が進められています。
この家が、どんな風に “ 二度目の誕生 ” をしたのか、
ワクワクしながらそのときを待っています。

この家の他に、小泉さんに撮って戴いた住宅は、

「白子の家」-あったかくて美味しい家-
「四街道の家」-大きなバルコニーのある木の家-
「ひらく間」-全ての「間」がつながるマンションリノベーション-

があります。
こちらの3つの家も、小泉さんによって “ 二度目の誕生 ” を迎えました。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会
     

 

Posted on 2019-05-20
実物以上に

先日、写真家の “ やどかりみさお ” さんにポートレートを
撮って戴きました。

眉間のしわが深い私も、みさおさんに上手にのせて戴き、
「え!?これが私!?」と思う様な
自然な感じの写真を撮って戴きました!!

あたらしいHPに近々掲載いたします!!

やはり写真と言うのは、単にシャッターを切る行為では無いですね。

やどかりみさおさんに、私の本性を曝け出され、
本当の自分を写真におさめられてしまいました!笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「土間から四季を、呼吸する家」オープンハウスのお知らせ

先日お引渡を済ませました神奈川県葉山町の「土間から四季を、呼吸する家」の
オープンハウスを行います。
木造2階建てに、ちいさな離れのある住宅です。
メインの生活部分を土間にして庭に繋げ、
豊かな外部環境を暮らしに採り込んだ住まいになりました。
ぜひ皆さんにご覧いただきたくお誘い申し上げます。
※ご自宅など、新築・リノベーションをご検討されている方に限ります

完成までの記録をブログにしています。
そのブログはコチラ

■開催日時
 5月25日(土)13:00~17:00

■開催場所
 神奈川県三浦郡葉山町
 ※お申込みいただいた方に、詳しい案内図を
  郵送にてお送りいたします。

■お申込み方法(完全予約制です)
こちらのフォーム
・お名前
・メールアドレス
・郵便番号
・都道府県
・ご住所
・電話番号
・件名に「葉山のオープンハウス参加希望」とお書き下さい
・メッセージ本文に「お申込み人数」、「おおよその来場時間」
 をお書き下さい。

戴きましたご住所に郵送で、詳しい地図などの資料を
お送りいたします。

※お申し込みの締め切りは
 5月21日(火)19:00までとさせていただきます。

以下、特徴と概要です。

特徴
・生活のメインの場を土間にしている
・その土間と庭を一体的な設計にしている
・目の前の川や隣地の桜など、豊かな外部環境を
 暮らしに採り込んでいる
・下に駐輪スペースのある、ちいさな離れがある
・暮らしに合わせてつくられたキッチンがある
・すでにお住まいですので、タイミングが良ければ
 建て主さんより住み心地などのお話をお聞きできる
 かもしれません。

概要
構造規模:木造2階建て(駐輪・離れ含む)延べ面積110平米・33.29坪
敷地面積:282.02平米・85.20坪(建築出来ない共用通路含む)
家族構成:夫婦+子供2人

以下、注意事項等です。

※1)駐車場の用意がありません。
  公共交通機関をお使い戴くか、周辺のコインパーキング等をご利用下さい。
※2)お子様連れの場合は、抱っこするか手を繋ぐなど、
  お子様を一人にしないようご配慮をお願い致します。
※3)靴下を着用してお越しください。
  スリッパの用意はありません。
※4)当方で用意した手袋の着用をお願い致します。
※5)会場のトイレは利用できません。
※6)敷地周辺や前面道路での喫煙はご遠慮ください。
※7)完全予約制ですので、ご予約の無い方の入場はできません。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

Posted on 2019-05-13
耐力壁・壁下地

千葉県「鎌ケ谷の家D」は、耐力壁の工事が終わり
近々、構造設計者による構造検査を実施する段階まで来ました。

外部も、外壁防水であるタイベック(防水紙)の施工と
通気胴縁の設置が終わり、土壁となる部分に
“ ラス下 ” と呼ばれる木ズリの設置が始まりました。

当然のことですが、一枚一枚、大工さんが張っていきます。

この “ ラス下 ” の隙間は、大工によって違うらしいです。
ここの大工さんは、およそ「5分(15ミリ)」にしているということです。
違う大工の場合、「1寸(30ミリ)」にする人もいるらしいです。

“ ラス下 ” の上にさらに防水紙を張り、
その上に “ ラス網 ” という鉄の「菱形」状の網を張り、
そこに “ 下塗り材 ” を左官屋さんが塗って、
さらにその上に “ 仕上材 ” である土壁を左官屋さんが
塗って、それを剣山の様な道具で掻き落として
ようやく仕上ります。

“ ラス下 ” の上に防水紙を張ってしまうので、
折角つくった隙間に下塗り材が食い込むことが無くなってしまうなら
隙間なんてつくる必要がないんじゃないかと思って
大工さんに聞いてみたら

「いやいや、かなりの力で左官屋さんが下塗り材を
 押しつけるので、防水紙を押して、防水紙ごと
 隙間に押し込められています。建て替えなんかで
 解体すると、下塗り材が結構、隙間に食い込んで
 いるのがわかります。だから “ ラス下 ” の隙間は
 意味があるんですよ」

ということでした。

外壁下地の工事も、詳しく話を聞いてみると奥が深いものです。




「鎌ケ谷の家D」
千葉県鎌ケ谷市
木造平屋 101.77平米(ビルトインガレージ含む)

お問合せ

住宅勉強会・完成見学会




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「土間から四季を、呼吸する家」オープンハウスのお知らせ

先日お引渡を済ませました神奈川県葉山町の「土間から四季を、呼吸する家」の
オープンハウスを行います。
木造2階建てに、ちいさな離れのある住宅です。
メインの生活部分を土間にして庭に繋げ、
豊かな外部環境を暮らしに採り込んだ住まいになりました。
ぜひ皆さんにご覧いただきたくお誘い申し上げます。
※ご自宅など、新築・リノベーションをご検討されている方に限ります

完成までの記録をブログにしています。
そのブログはコチラ

■開催日時
 5月25日(土)13:00~17:00

■開催場所
 神奈川県三浦郡葉山町
 ※お申込みいただいた方に、詳しい案内図を
  郵送にてお送りいたします。

■お申込み方法(完全予約制です)
こちらのフォーム
・お名前
・メールアドレス
・郵便番号
・都道府県
・ご住所
・電話番号
・件名に「葉山のオープンハウス参加希望」とお書き下さい
・メッセージ本文に「お申込み人数」、「おおよその来場時間」
 をお書き下さい。

戴きましたご住所に郵送で、詳しい地図などの資料を
お送りいたします。

※お申し込みの締め切りは
 5月21日(火)19:00までとさせていただきます。

以下、特徴と概要です。

特徴
・生活のメインの場を土間にしている
・その土間と庭を一体的な設計にしている
・目の前の川や隣地の桜など、豊かな外部環境を
 暮らしに採り込んでいる
・下に駐輪スペースのある、ちいさな離れがある
・暮らしに合わせてつくられたキッチンがある
・すでにお住まいですので、タイミングが良ければ
 建て主さんより住み心地などのお話をお聞きできる
 かもしれません。

概要
構造規模:木造2階建て(駐輪・離れ含む)延べ面積110平米・33.29坪
敷地面積:282.02平米・85.20坪(建築出来ない共用通路含む)
家族構成:夫婦+子供2人

以下、注意事項等です。

※1)駐車場の用意がありません。
  公共交通機関をお使い戴くか、周辺のコインパーキング等をご利用下さい。
※2)お子様連れの場合は、抱っこするか手を繋ぐなど、
  お子様を一人にしないようご配慮をお願い致します。
※3)靴下を着用してお越しください。
  スリッパの用意はありません。
※4)当方で用意した手袋の着用をお願い致します。
※5)会場のトイレは利用できません。
※6)敷地周辺や前面道路での喫煙はご遠慮ください。
※7)完全予約制ですので、ご予約の無い方の入場はできません。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

Posted on 2019-05-08
ようやく庭が

昨年の11月末にお引渡をした「椿山の家」の庭がようやく完成しました。

完成とは言っても、これでお終いということではありません。
山野草が好きで、とても草木に詳しいお母さまが、
これから更にこの庭に手お入れ続けていこうとされています。

玄関ポーチにも株立ちのシマトネリコと
お母さまの寄せ植えが彩りを与えてくれています。

一応、これで庭としては完成と言うことで。

なかなか潤いのある庭になっていて気持の良い空間になっていました。
今の時期、庭に出てあずまやの下で飲むお茶は格別ですね。
シンプルなのに賑やかで機能的でもあります。
家とのつながりも十分感じられるようになってきていました。

ツタが茂って、外部の視線をもう少し止めてくれるようになると
さらにこの空間の空気が良くなります。
そうなるまではあと2年はかかんじゃないでしょうか。
そのころ、一番下の女の子も小学生になっています。
家族と共に、庭も家も成長して、
もっともっとこの土地や建て主ご家族に馴染んでいきます。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「土間から四季を、呼吸する家」オープンハウスのお知らせ

先日お引渡を済ませました神奈川県葉山町の「土間から四季を、呼吸する家」の
オープンハウスを行います。
木造2階建てに、ちいさな離れのある住宅です。
メインの生活部分を土間にして庭に繋げ、
豊かな外部環境を暮らしに採り込んだ住まいになりました。
ぜひ皆さんにご覧いただきたくお誘い申し上げます。
※ご自宅など、新築・リノベーションをご検討されている方に限ります

完成までの記録をブログにしています。
そのブログはコチラ

■開催日時
 5月25日(土)13:00~17:00

■開催場所
 神奈川県三浦郡葉山町
 ※お申込みいただいた方に、詳しい案内図を
  郵送にてお送りいたします。

■お申込み方法(完全予約制です)
こちらのフォーム
・お名前
・メールアドレス
・郵便番号
・都道府県
・ご住所
・電話番号
・件名に「葉山のオープンハウス参加希望」とお書き下さい
・メッセージ本文に「お申込み人数」、「おおよその来場時間」
 をお書き下さい。

戴きましたご住所に郵送で、詳しい地図などの資料を
お送りいたします。

※お申し込みの締め切りは
 5月21日(火)19:00までとさせていただきます。

以下、特徴と概要です。

特徴
・生活のメインの場を土間にしている
・その土間と庭を一体的な設計にしている
・目の前の川や隣地の桜など、豊かな外部環境を
 暮らしに採り込んでいる
・下に駐輪スペースのある、ちいさな離れがある
・暮らしに合わせてつくられたキッチンがある
・すでにお住まいですので、タイミングが良ければ
 建て主さんより住み心地などのお話をお聞きできる
 かもしれません。

概要
構造規模:木造2階建て(駐輪・離れ含む)延べ面積110平米・33.29坪
敷地面積:282.02平米・85.20坪(建築出来ない共用通路含む)
家族構成:夫婦+子供2人

以下、注意事項等です。

※1)駐車場の用意がありません。
  公共交通機関をお使い戴くか、周辺のコインパーキング等をご利用下さい。
※2)お子様連れの場合は、抱っこするか手を繋ぐなど、
  お子様を一人にしないようご配慮をお願い致します。
※3)靴下を着用してお越しください。
  スリッパの用意はありません。
※4)当方で用意した手袋の着用をお願い致します。
※5)会場のトイレは利用できません。
※6)敷地周辺や前面道路での喫煙はご遠慮ください。
※7)完全予約制ですので、ご予約の無い方の入場はできません。

みなさまのお越しをお待ちしております。