ノグチのグチ

きざみ




「鎌ケ谷の家M」は、基礎工事を進めつつ、

下小屋では “ きざみ ” が大工の手によって進められています。

平面形状が複雑なので、軸組みも複雑になり、

難しい角度で梁が組み合わさってきます。

上の写真は、北東の角の部分の梁(桁と登梁)ですが、平面的な角度もさることながら

立体的にも南から北に徐々に下がるのですが、

それが屋根勾配とは違う角度なので難しくなってきます。

大工さん曰く「CADがなかったら未だに計算中かもしれないです」と。

“ 手きざみ ” というアナログな方法も、

いまではCADというデジタルツールが支える時代になっています。


「垂木(たるき)」という、屋根を支える細い部材があるのですが、

その垂木もイレギュラーな角度で梁に掛かってくるので

梁に垂木が掛かる部分を欠き取る “ 垂木欠き ” も、

その欠き込みの左と右で深さが微妙に違ってきます。

小さな平屋ですが、つくる技術のレベルは相当高いものになっています。

今月中旬の上棟が楽しみです。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted on 2018-06-02 | Posted in 鎌ケ谷の家M, 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment