ノグチのグチ

屋根板金工事

「鎌ケ谷の家M」では、屋根板金工事がされていました。

今回は「棟換気」があるので、棟部分は若干ごつくなりますが、

タテハゼ葺きのハゼの立ち上がりを低く抑えているので、

あまり気にならないかもしれません。




軒が深い上に、高性能ガラスにしているので

猛暑の昨日も、ガラス表面に手を当てても、それほど暑く感じませんでした。

もう高性能ガラスが当たり前の時代になっていますね。




いつも通りの中千木材の床材 “ セーフティボード ” も搬入されていて

もうしばらくしたら床が張り始められます。

現場の気温も35度で、屋根で仕事をしている板金屋さんはもちろん、

中で仕事をしている大工さんも、くれぐれも熱中症には気をつけてもらいたいですね。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted on 2018-07-20 | Posted in 鎌ケ谷の家M | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment