ノグチのグチ

屋根工事

「鎌ケ谷の家M」は、屋根が掛かっていました。

南側は、いつものように軒を深くしています。

屋根面を水平構面として更に強くするために、

それ用の金物を使い、垂木と桁、棟木を留めています。

平面形状が斜めのところに切妻屋根を掛けているので、

北東部分の屋根形状が複雑になっています。

窓台、マグサを設置し始めていて、

それが終わると、外壁の構造用面材を張る作業が始まりまり、

より建物の形状が浮かび上がってくるようになります。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted on 2018-06-29 | Posted in 鎌ケ谷の家M | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment