ノグチのグチ

作業台取付

「鎌ケ谷の家M」では、先日仮付けした作業台を取付けました。

この作業台、もともとは座卓としていままで使われていたもので、

いま建っている御母屋を建てるときに、一緒につくった欅の座卓の天板を

再利用しています。

養生しているので、その表情をこの写真で見ることはできませんが、

綺麗な木目に玉杢や縮杢が混ざっていて

目を楽しませてくれます。

脚は、大工さんが手持ちの材料の中から合うものを選んでくれて

作業時に邪魔にならないように、斜めにカットしてくれてあります。

いつも使うカウンターに、想い出の家具を使うことで

単なる台では無くなりました。

この作業台をお披露目出来る日が楽しみです。




印旛の家」でも、御母屋の大きな丸太梁を本棚にしたり、

差し鴨居をカウンターにしたり、

煤竹を床柱にしたり、

広縁の欅の縁甲板を床の間の地袋の天板にしたりして

御母屋の思い出を新しい家に引き継いでいます。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted on 2018-10-12 | Posted in 鎌ケ谷の家M | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment