ノグチのグチ

暮らしぶり

今日は「白子の家」に6ヵ月点で伺ってきました。

主には建具の問題があって、後日、直しをするということになりました。




すっかり建て主さんらしい暮らしが始まっていて、

とくに、キッチン廻りは個性が出ていました。

キッチンの吊戸棚は、料理が得意な建て主さんらしく

機能的でありながら美しい道具が並べられていました。

包丁も吊戸棚の下にマグネットをつけて収納してあり、

便利だし、カッコイイな~と思いました。

ガスコンロも業務用のものを、しっかり使いこなしていました。

着火の道具も、なかなか素敵です。

キッチンの後ろにある作業台は、

カウンターに石を埋め込んであるのですが、

火にかけていたヤカンやオーブンから出した熱い鍋などを

直に置いたり、パン生地などをこねたりと

すごく便利だと仰っていました。

ここに置かれていた急須も素敵でした。


今日は、朝のうち、雨が降っていたので縁側が少し濡れていましたが

そのしっとりと濡れた感じの縁側も良い味を出し、

新しいのに、懐かしい感じがしました。




点検も終わり、お話を伺っているときに

美味しい手づくりのお菓子と珈琲をいただきました。

打合せをしていたときも、たびたび、奥さんの美味しい手づくりお菓子を

いただいていたのですが、今日のお菓子も優しい味で、とても美味しかったです。

手づくりにこだわっているのは、料理が好きというだけでなく、

お子さんたちに、できるだけキチンとしたものを食べて欲しいという

愛情があるからこそ、手間暇かけておつくりになれているのだと思います。

そういう部分は、私たちがつくっている家づくりに似てるな~とも思いました。




これから、もっともっと建て主さんによってこの家が使いこなされ

建て主さんらしく、味わい深い家になっていくと嬉しいですね。




白子の家

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

RSS Feed  Tags:
Posted on 2017-09-23 | Posted in 白子の家 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment