ノグチのグチ

広狭深浅

今日は、成田市のマンションリノベーション工事について

建て主さんと事務所で打合せをしました。

もともとの空間のつくり方は床も天井も直張りで

少しでも気積を大きくするために、

そうしたつくりにしたのだと推察します。

そして、今回のリノベーションでは、

敢えて玄関や廊下やトイレ、洗面脱衣室などの天井の高さは抑えておいて、

グッと天井を上げたリビングに入ったときに

より開放的に感じる様な空間構成にしています。

先日お引渡しした木造平屋の「白子の家」も同じ仕掛けをしています。

サブ玄関から入ると低い廊下空間になっています。

その天井高さを抑えた廊下を抜けると

屋根なりの高い天井の家族室(リビング・ダイニング)に出ます。

このことで、より開放感を感じることができるようになっています。

この手法は「広狭深浅」といって古典的な手法ではありますが、

古びず、効果的な設計手法なので多用しています。

もちろん、この方法以外にも開放的に感じるための手法はあるのですが、

成田市のマンションリノベーション」と「白子の家」では

マンションと戸建て平屋と言う違いはあっても、

同じ「広狭深浅」の手法を採用しました。

その方法が効果的かどうかは、空間体験をしていただくのが一番なのですが

先ずは「白子の家」の設計例を画像でご覧いただければと思います。

成田市のマンションリノベーション」は、完成しましたら

見学会を予定しておりますので、

そのときに是非、空間体験をしていただければと思います。




成田のマンションリノベーション

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




白子の家

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

オープンデスク受入

Related Posts

 

Comment





Comment