ノグチのグチ

ベニアが高級材へ?

葉山「土間から四季を、呼吸する家」は、
天井にラワンベニアが張られていました。
とても丁寧な仕事でベニアが高級材に変身していました。

大工さんは “ 引込障子 ” の戸袋をつくっていました。

「枠が無いから、どこを基準にしてつくっていくか?難しいね」
と、大工さんからやんわりと苦情を言われました。笑

全開サッシは、いつもながら「ぽっかり開いた」景色をつくっていました。
なんど見ても、この感じは外とのつながりを強めてくれて良い感じです。

もうじき家具工事も始まり、
空間の密度が一気に上がっていくことになります。
楽しみです。




この家も、この家も、そしてアトリエ
天井がベニアで仕上られています。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted on 2019-02-19 | Posted in 土間から四季を、呼吸する家 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment