ノグチのグチ

木の家に住みたい。

成田市のマンションリノベーション「ひらく間」は、

メディアの取材が続けてありました。

その中で、編集者やライターの方が建て主さんに重ねて質問することは、


「どうして、リノベーションしようと思ったのですか?」


当然、聞きたくなるところです。

ましてや、「ひらく間」の建て主さんは、とても丁寧にお住まいで

室内は築16年とは思えないほど綺麗でしたので、

リノベーションの動機を聞きたくなるのは、当然のことです。

その質問に対して、建て主さんの答えは、


「木の家に住みたいと思ったからです!!!」


というものでした。

いや、それだけではなく、設備も交換したいし、浴室のドアも直したい、

そういった、いろんな細かい理由も当然あったのですが、

大きな動機として「木の家に住みたい」というものがあったようです。

マンションは、いわばコンクリートの箱です。

その中に16年お住まいになって、最後は「木の家に住みたい」という

そういう気持ちになられ、リノベーションをされたということでした。

詳しくは、3月に発売される雑誌や4月に掲載予定のWEB記事に書かれているので、

それをご覧戴ければと思います。

※あらためて、掲載紙などはこのブログでお知らせ致します。




解体後の着工から竣工まで、ざっとその様子の写真を入れておきます。

※以下、撮影:小泉一斉(スマートランニング1級建築士事務所)






ひらく間」-成田のマンションリノベーションー

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡(3LDK)
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

Related Posts

 

Comment





Comment