ノグチのグチ

すっきり見せる工夫

成田市のマンショリノベーション「ひらく間」は、

その名の通り、建具(引戸)を “ ひらいている ” ことを前提として

設計しています。

独り暮らしのため、通常は建具(引戸)を開け放して、マンション全体を

一体空間として使うためです。




建具(引戸)は、いつも開いている状態なので、

それが “ 自然に見える ” ようにしようと思いました。

以下、撮影 小泉一斉

それは「枠を無くす」という工夫です。

そんなこと大したことないと笑われそうですが、

その大したことないと思うことが、私には大きな効果があると思えたのです。

で、実際にやってみたら、建具(引戸)を開けた状態のとき、

“ 壁だけがそこにある ” ように見えて、開け放しておくことが

自然な感じになったと思います。

それと同時に、建具(引戸)を閉めた状態のとき、

建具(引戸)が壁の中にそのまま入っているように見え、

閉めた状態のときも、とても視覚効果があるな~と感じました。




枠は “ 壁の端っこ ” をつくってしまい、

内側と外側、壁と建具(引戸)を分断してしまうものです。

視覚的に “ スッキリとした ” 状態をつくるには “ 枠を無くす ” ことが

効果的だと感じた仕事になりました。

枠を無くすって言う操作は、良く見かけるものなのですが、

見るのと、自分で実際にやってみるのとでは相当な違いがあるので、

今回、実際にやってみて本当に良かったです。

ひらくことを前提としていない場合は、枠があっても良いと思います。

逆に、枠があることで、壁を保護できたり、枠があることで出来る意匠もあります。

あと、今回、全ての建具を引戸にしていることも重要です。

引戸は開けておいても邪魔になりません。

開き戸の場合は、開け放しておくと、邪魔になることが多いですね。

全ての建具を引戸にするというのは、簡単そうで意外と大変なことです。

引き代をつくるように、設計していかないといけないですからね。




大したことのない工夫でも、徹底してやり通せば

一貫性が出て、効果の大きな工夫になるのではないかと思いました。




ひらく間」-成田のマンションリノベーションー

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡(3LDK)
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会

Related Posts

 

Comment





Comment