アオハダの家

北側に広がる田園風景を臨めるように、建物の配置と窓の位置を十分検討しました。
田園風景の移り変わりで季節を感じることができます。玄関の前にこの家の象徴として
アオハダの木を植えました。周辺の集落の環境にあわせて生垣で緩く囲い馴染ませています。
敷地の一角にある畑で作業し、縁側で休憩。縁側から家族室へ入り、家族室と繋がったキッチンへ
収穫した野菜を運ぶ。片流れの大きな屋根に落ちた雨水は雨樋から雨水タンクへ貯められ、植木の
水やりや畑で使われます。ロフトでは、田園風景を楽しみながらタブラの演奏を楽しむそうです。

構造 規模       木造2階建+ロフト
設計 監理 野口修アーキテクツアトリエ
施   工 ㈲田中兄弟工務所
「アオハダの家1」ブログはこちらからどうぞ(FC2ブログ)
「アオハダの家2」ブログはこちらからどうぞ
※ブログは最新ブログよりさかのぼってお読みください
2013年千葉市都市文化賞 建築部門 優秀賞受賞
写真:秋山 実

アオハダの家 外観アオハダの家 家族室アオハダの家 ダイニングアオハダの家 階段アオハダの家 階段アオハダの家 スタディアオハダの家 ロフトアオハダの家 キッチンアオハダの家 浴室アオハダの家 外観