3月 14th, 2019年

Posted on 2019-03-14
7年前の今日

あれから7年経ったですね。

千葉県「西船の家」の上棟が7年前の今日、行われたのでした。、

大きな敷地に、御母屋や作業小屋、倉庫が建っていて
使われなくなった倉庫を壊して長男家族のための家を建てたのでした。

この敷地には、大きな桜の木があり、
レッカー(クレーン車)が入れず、
“ 手おこし ” といって、人力で柱や梁を上げて、
建て前を行う方法で行いました。

棟を上げ終えたら
まずは、お母さまからお預かりした弊串をお祭りし、
つづいて工務店さんが用意してくれた弊串をお祭りして

無事上棟となったのでした。

最後に、建て主さんと棟梁、鳶頭で四方清めをしていただき、
すべて滞りなく終えることが出来ました。

このあと、御母屋で直会をしていただき、
鳶さん達による木遣りを披露して戴き、
とてもおめでたい気持ちになった記憶が蘇ってきました。

あれから7年。
この間のことかと思っていましたが、
そんなに経っていましたか。

そう言えば、上棟のほぼ1年前、日大の学生に模型づくりをお願いしていて
丁度、学生が事務所に模型を届けてくれる日が3.11の日でした。
電車も止まり、
「今日伺うことができません」
と、学生から電話がやっとつながり、
「私たちが、車で取りに行きます」
と日大生産工学部のある津田沼キャンパスまで
受取りに行ったのでした。

もう少しで上棟を迎える「鎌ケ谷の家D」の
建て主さんに2017年12月19日に「西船の家」を見学して戴いたときに、
西船の家」の奥さまが
『私たち、この家ほんとうに気に入ってるんです』
と言ってくれて、とても嬉しい気持ちになりました。
私たちにとっても「西船の家」はかけがえのない家です。




もうすぐ上棟を迎える「鎌ケ谷の家D」の手刻みの様子を
書いたブログはコチラです。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会