2月 11th, 2019年

Posted on 2019-02-11
床材からつくられた鍋敷き

葉山「土間から四季を、呼吸する家」の建て主さんが
送ってくれた写真。

大工さんに
「床材の切れ端で鍋敷きをつくってくれませんか?」
と、お願いしたら角をとった鍋敷きを家族分つくってくれたそうです。

“ 切れ端の床材からつくられた鍋敷き ” は、大工の手によって
ゴミから宝物に変化したもの。
まさに大工さんは、魔法使いですね。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会