2019-01

Posted on 2019-01-31
椿山の家の記録


「椿山の家」の出会いからお引き渡しまでの記録です。

2016年11月6日に勉強会のお申込みをいただき、
11月27日に初めてお会いして、
2年後の2018年11月23日にお引き渡しをしました。

ハウスメーカーとの契約を破棄して
私たちと一緒に家づくりをしていただくことになり、
設計を始めてからも予算をオーバーしましたが、
本当に必要な面積、必要なものを選択し、
それ以外をそぎ落としていき、
内容を研ぎ澄ませることができました。
その辺のやり取りの打合せ議事録などが
動画に収録されています。
工事が始まってからも、打合せを繰り返しました。
一方で、工務店さんとも詳細図を沢山描いて
事前に打合せをするとともに、
現場でその図面をもとに、打合せを重ねました。

そうして出来上がった家は「普通の家」になったと思います。

出会いからお引き渡しまで2年というと、
長い様に感じられるかもしれませんが、
私も建主さんも「あっという間の2年だった」と言う
感想です。

現在は、造園工事が下草とグランドカバーを除いて
終わっているところです。

家づくりは、プロセスがとても大事だと思います。
私たちは、プロセスに重点を置いて家づくりを行っています。




「蓮田の家」の模型製作と上棟の様子もココにアップしています。
「印旛の家」の上棟の様子もココにアップしています。




「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-01-30
これを経て、、、

この模型を経て、いまは違うプランに昇華した「鎌ケ谷の家D」。

配置が変わり、それに伴い平面計画も変わりました。
道路の方向も変わり、ガレージの向きも変わりました。

私の意識も変わり、
「私の(野口の考えた)家」から「建て主さんの家」へ
変わっていったのでした!

そしていま着工し、さらに「建て主さんの家」に進化して行っています。




この家の隣には「鎌ケ谷の家M」が建っています。




「鎌ケ谷の家D」
千葉県鎌ケ谷市
木造平屋 101.77平米(ビルトインガレージ含む)

お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-01-29
関数

設計での「答え」は関数の如く、いつも変る必要がある。
だから標準化と称して「答え」を限定しては駄目で
本当の標準化は「答え」を常に変える仕組みや公式を考える
ことである。

2013.12.5 手帳から抜粋

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2019-01-28
月と太陽

葉山「土間から四季を、呼吸する家」の “ 離れ ” には
建て主さんが、ステンドグラス作家のお友達につくって戴いた
月と太陽がモチーフのステンドグラスが入ります。

このステンドグラスがここに入ることによって
小屋の様な “ 離れ ” が華やかな雰囲気になるのではないでしょうか。
楽しみです。

“ 離れ ” ではないのですが、
ご主人のためにつくった特別な部屋の紹介をココで書いています。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-01-27
下地

葉山「土間から四季を、呼吸する家」では、
天井野縁や鴨居下地、戸袋下地など下地工事が進んでいました。

洗面脱衣室の収納棚の位置も墨で寸法を確認し、
工事が進んでいきます。

断熱材の防湿層などは、石膏ボードを張る前に
ピシッと綺麗にしていくことになります。

3月中頃の完成に向けて、工事のピッチも上がってきました。




「下地」を題材にしたブログを何度も書いていました。

椿山の家の「天井下地
マンションリノベーションの “ ひらく間 ” の「変更下地
白子の家の「野縁・下地・屋根
四街道の家の「天井下地
おゆみ野の家の「天井下地

それぞれ完成した状態はコチラからご覧ください。





土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-01-26
プリシュコバのテニス

先日の全豪オープン準決勝で大阪なおみに負けたプリシュコバ。

たしかに、大阪なおみは強かった。
本当にすごい!!
感動した!!

プリシュコバは、私が見た感じでは
調子が良かったとは思えない状態だった。

1セット目、大阪なおみに圧倒され
2ブレイクされて簡単にセットを落してしまった。

2セット目も、大阪なおみのペースだったように
私には感じられた。
「もうこれは、あっさり大阪なおみが勝つだろう」
と、思っていたが、
プリシュコバは、調子が悪い中
なんとかしようともがいていた。
それでも、大阪なおみのペースのまま
試合が進んでいるように見えたが、
プリシュコバは、状態が悪い中で
なんとか、悪いなりにもジタバタしながら
最善の方法を見つけよう、実行しようとしていたと思う。
そういうプリシュコバのとった行動によって
大阪なおみのペースのままなのに
プリシュコバが第2セットをものにした!!!

その姿を見て、とても感動したし勉強になった。

悪い状態でも、それを愚痴ったり、腐っても仕方ない。
いますべきことは、できることを精一杯したり、
あれがダメならこれをやるという様なジタバタして
何とかしようとすることが大事だと、
身をもって教えてくれたと思う。

さすがプリシュコバ。
セリーナを相手に、ファイナルセット5-1から
6ゲーム連取で逆転勝ちしただけのことはある!!

大阪なおみとのファイナルセットでは
第2ゲーム、大阪なおみのサービスゲームで
3回のブレークチャンスを逃してしまった。
(大阪なおみの凄さが出たゲームだった!!)

このゲームをものにできなかったことで
流れが変わらず負けてしまったと思う。
(お互いの気迫が相当出ていたいいゲームだった!!)

しかし、あの第2セットのプリシュコバの
戦いぶりは、生き抜く方法として
とても示唆に富んだものだと思った。

これからも、もっと沢山プリシュコバの試合を見ていきたい。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2019-01-25
暑さ寒さの自由

寒いとか暑いとか、そういう家が悪いというわけでは無い。
むしろ、それが文化をつくることもある。
問題なのは、暑さ寒さを解決する方法にある。
安易な方法で解決しようとするからエネルギーの問題になる

2015.11.5 手帳からの抜粋

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2019-01-24
細部






穴川のアトリエ

設 計 監 理 野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
TEL 043-254-999


お問合せ

住宅勉強会

 

Posted on 2019-01-23
根伐り

きのうは「鎌ケ谷の家D」の打合せをしたのですが、
その前に、現場の様子を確認。

根伐り ” が行われていました。

しかし、工事はこの状態で一時ストップ、、、。

何故かというと、地盤調査の結果、地盤改良が必要になったからです。

通常は、地盤調査をして、その結果を待って
やり方をして根伐りをするという流れでやっていますが、
今回は、少し前に隣に建てた「鎌ケ谷の家M」の地盤調査結果が
全く問題無く地盤改良無しだったこと、
そして、やはりすぐ目の前に建てた診療所も
地盤改良無しで良かったこと、
それに加え、いままでここになんの問題も無く約40年
2階建ての住宅が建っていたことなどから
今回の「鎌ケ谷の家D」も、地盤に問題無いだろうと
予測して結果を待たずに工事を進めていました。

もちろん、結果がでるまでは根伐りより先には
工事を進めるつもりは無かったのですが、
まさか地盤改良が必要になるとは、、、。

ということで、昨日の打合せは
地盤改良についてと、その費用をどう割り振るか?
ということが主題になりました。

今後どうしていくかについては
建て主さんのご理解もあって、スムーズに進みました。

あとは、正確な工事費の提示と
その工事期間について工務店さんに急いで出して
いただき、工事を前に進めるのみです。

いろいろなことが起りますね、、、。

「蓮田の家」は六価クロムの発生を避けるために鋼管杭で地盤改良したのでした。




「鎌ケ谷の家D」
千葉県鎌ケ谷市
木造平屋 101.77平米(ビルトインガレージ含む)

お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2019-01-22
自然光

ハイサイドライトから思いっ切り太陽光が降り注いでくれています。
風が強さがなければ暖かいのかもしれません。

きのうは「千葉の家」の打合せをアトリエでしました。

問題点を建て主さんと共有し、解決に向けて進むことが出来ました。
また、考え方を改めることで、より良くなる可能性についても
話し合えて、実りの多い打合せになりました。

きょうはこれから「鎌ケ谷の家D」の建て主さんと
鎌ケ谷の家M」で打合せを行います。




この日もアトリエで内容の濃い打合せをしていたみたいです。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »