2018-12

Posted on 2018-12-31
大晦日

2018年の最後の日になりました。

今年も、素敵な1年でした。

大変お世話になり、ありがとうございました。
出来る限りのことをしたいと思いますので、
来年も、どうぞよろしくお願い致します。

野口修アーキテクツアトリエ
野口修一

 

Posted on 2018-12-30
柿渋和紙と花梨の手掛け

先日、メンテナンスで訪れた
5年前の年末に完成した「印旛の家」の引戸。


柿渋和紙を貼って、花梨の手掛けをつけたもの。




「印旛の家」には、頻繁に外国から来客がある。
その外国人のお客さんに、この引戸がある和室に
泊って戴くそうだが、とても喜ばれるらしい。




この引戸とは、仕上も用途も違うが、
葉山の「土間から四季を、呼吸する家」のキッチンの
収納の引戸の製作図を描いていて思い出した。

そう、本当は昨日から休みなのに、
図面を描いています、、、。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-29
色決め

昨日、葉山「土間から四季を、呼吸する家」の今年最後の現場打合せをしました。

離れと、トイレの床に張るリノリウムの色を現場の太陽光で確認して
建て主さんご家族と検討しました。

事務所で見るのと、現場で見るのとでは全然色も雰囲気も違います。

現場でも、太陽光が当たっている時と、
日蔭では全然違う表情に見えます。

離れの床の色は決定しました。
何色になったかは、これからのこのブログを楽しみにしていてください。

トイレの床の色は、ご検討いただくことになりました。

現場は今日、大掃除をして締めるそうです。
無事に現場を終えることができて良かったです。
来年も、安全作業でお願いいたします!




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-28
発見

今年も、残すところあと4日ほどになりました。

アトリエも、大掃除に向けて片付けを始めました。
棚や収納の奥からいろんなものが発掘されます。

雑誌から切り抜きした資料や
セミナーや勉強会でいただいた貴重な資料。

そして、、、

宅建の合格証明書!!
どこに行ってしまったのか?と思っていたら
収納棚の奥にあったファイルから発見されました。

平成6年11月30日付なので、24年以上も前のことですね〜。
取引主任者して登録せずに24年が立ったのでした。

登録はしていませんが、
不動産にかかわる民法や業法は、それなりにわかっているつもりです。
土地や中古住宅、中古マンションを買って
新築やリノベーションをお考えの方には、
お役に立てると思います。
一人で不動産屋さんとやりとりするよりも
いいんじゃないでしょうか。

お声がけいただければ
できる限りのことをいたしますので
よろしくお願い致します!




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-27
設計事例の冊子

“ カタチよりも暮らしをつくろう ” というタイトルの
当アトリエの設計事例をまとめた冊子があります。

冊子に収めているのは、

■ 戸建て住宅
 ・大きな窓のある家族室(リビング)
 ・使う人に合わせた(オーダー)キッチン
 ・スタディスペース
 ・(入浴が)楽しみになる浴室
 ・外壁は何にする?(それぞれの外観)

■戸建てフルリノベーション(スケルトンリフォーム)

■マンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)

です。

家づくりをお考えの方で、ご興味ございましたら
コチラより “ 冊子 資料請求 ” と「件名」にお書きいただき
ご請求下さい。
準備出来次第、郵送にてお送りさせていただきます。




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-26
更地・日当たり

千葉県「鎌ケ谷の家D」
既存家屋の解体が終わり、綺麗に整地されていました。

駅から近い敷地ですが、目の前には広大な畑が広がっています。

見返すと、奥に先日完成した「鎌ケ谷の家M」が見えます。

写真でもわかる通り、隣の建物の影響で結構日陰になっています。
(14:30頃に撮影しました)
太陽の方向からすると11:30~13:30頃は、
結構、陽があたっていたのではないかと思います。

一方、「鎌ケ谷の家M」は、

燦々と太陽光が降り注いでいました。
一日中、陽があたっている感じです。

来年早々より始まる「鎌ケ谷の家D」。
少し暗めの大人っぽい空間を目指した住宅になる予定です。




「鎌ケ谷の家D」
千葉県鎌ケ谷市
木造平屋 101.77平米(ビルトインガレージ含む)

お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-25
一年点検

先日、成田市でマンションリノベーションをしました「ひらく間」に、
一年点検に伺ってきました。

とくに大きな不具合はなく、快適にお過ごしいただいているということでした。

空間の快適性に加え、
設備機器の “ 便利さ ” の話で盛り上がりました!笑

アスコの食洗機の優秀さ、
リクシルのシステムバスの掃除のしやすさ。

私たち設計者は、そういった設備機器の “ 便利さ ” について
あまり良い評価をしたがらない傾向があって、
私も、以前はそういった立場で、冷やかに見ていたのですが、
いまは “ 便利さ ” を有難く受け入れています。

ただ「どうしても、そこは “ 便利さ ” よりも不便さを選んだほうが良い」
と言う場合もあって “ 不便さ ” について、しっかり説明をした上で
ご提案をするときがあります。

例えば、玄関ドアの鍵です。

カードをかざせば施錠、解錠ができる便利なものよりも
シリンダーに鍵を差し込み、回転させなければ施錠、解錠ができない
アナログなものをお薦めしています。
“ 鍵 ” を “ 家 ” 代わりとして考えているからです。

話を「ひらく間」に戻します。

いつ伺っても「住んでるの?」というくらい
綺麗になっていて、ものが散乱していることは一切ありません。
もちろん、シンクもピカピカです。

「もう少し、使いたおして戴いても大丈夫ですよ」
と、私は言うのですが、建て主さんは、
「私一人なので、ただ散らかったり、汚れたりしないだけです」と。
たぶん、整然として綺麗になっている方が落着かれるんでしょうね。

お正月は、甥子さんご家族、総勢15人が集まって
賑やかにこの家でお過ごしになられるそうです。
このときも、アスコの食洗機が大活躍するそうです。




「ひらく間」-成田のマンションリノベーションー


場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡(3LDK)
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-24
建築知識 掲載

現在発売中の「建築知識2019年1月号」に
平屋の事例として「白子の家」と
外から使える収納の事例として「蓮田の家」が
掲載されました。

また、先日引渡をしたばかりの「鎌ケ谷の家M」も
“ 配置の新定番 ” というコラムの中で紹介して戴いています。

そして、現在工事中の「土間から四季を、呼吸する家」も
“ それぞれの居場所のつくり方 ” というコラムの中で
離れの部分がとり上げられました。

沢山の建築家の事例が、
わかりやすく写真と図面、スケッチで解説がされています。

プランに行き詰ったときの参考と言うか、
手がかりに最適な特集かと思いますので
ぜひ、手にとってご覧いただければと思います。

RSS Feed  Posted in お知らせ | No Comments »

 

Posted on 2018-12-23
壁下地

葉山「土間から四季を、呼吸する家」は、
壁の下地をつくりつつ、土間床付近のボード状の断熱材を入れていました。
意外と手間暇のかかる工事です。

窓上に付く棚のためにつくられた壁下地。
その上には、板庇が設置されていました。

土間と板の間を仕切る引込戸の鴨居の下地も出来ていました。

一つ一つ、つくっているので、
なかなか目に見えるようなスピードで進んでいきませんが
着実に出来あがってきています。




土間から四季を、呼吸する家




建築場所:神奈川県三浦郡葉山町
構造規模:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供(4歳)
設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

 

Posted on 2018-12-22
造園開始

「椿山の家」の造園工事が始まりました。
植木が入ると、一気に庭の雰囲気が出てきます。



「椿山の家」

建築地:埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供3人(お隣に奥さんのお母様がお住まい)
構造規模:木造2階建て 延べ面積 124.20㎡(カーポート除く)
設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




お問合せ

住宅勉強会・完成見学会

RSS Feed  Posted in 椿山の家 | No Comments »