5月 22nd, 2018年

Posted on 2018-05-22
配筋検査

「鎌ケ谷の家M」は、今日、配筋検査しました。

今回の構造設計では、立上がり筋の上端にフックを付けることなく、

切りっ放しの状態で良いとのこと。

フックが無いだけで、作業効率はグッとあがります。

おまけに地中梁も内部には必要ないとのことで、

断面形状的には、なんともあっさりとした基礎になっています。

が、平面形状は斜めと斜めが合わさった様な形になっているので、

スラブ筋を組むときは大変だったようです。

いつも丁寧な仕事をしてくれる鳶さんがやってくれたので

とても綺麗な配筋になっています。

補強筋など追加でお願いしたところはありますが、

流石の仕事ぶりに気持の良い検査になりました。

あす、瑕疵保証の検査を受け、合格したらコンクリートを打ちます。

刻みの方も、柱以外終わっているということで、

上棟までもう少しのところまで来ています。




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性


設計監理:野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
     043-254-9997




今回の鳶さん親子には、なんども仕事をしていただいているのですが、

「おゆみ野の家」の配筋は大変だっと父が言い、

息子は「印旛の家」の配筋が一番大変だったと、

武勇伝を語るように言っていました。笑




お問合せ

住宅勉強会・茶話会・オープンアトリエ・完成見学会