2017-11

Posted on 2017-11-30
外付HD壊れる

昨日から調子が悪かった外付HD。

バッファローのLS-CH966という無線のHDを使っているのですが、

突然、ネットワークから消え、アクセスできなくなりました。

現在、騙し騙し作動させ、バックアップを取っています。

(バックアップを取っておくはずのHDのバックアップを取るはめに、、、)

本当は、USBメモリにも物件ごとにバックアップを取っておく決まりにしていたのですが

怠けていたので、こんな事態になってしまいました、、、。

やはり、決めたことはちゃんとやらないといけませんね。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2017-11-29
お墓参り

仕事が立て込んでいて、

なかなか行けなかったお墓参りに行ってきました。

千葉市緑区高田町、大網白里市南今泉、長生郡白子町

の3つのお墓をハシゴ。

ギリギリ日没前にお参りをおえて、

お線香の匂いがついた洋服のままブログを書いています。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2017-11-28
平凡が非凡に

新渡戸稲造が

「平凡を続けることが非凡に繋がる」

ということを言ったそうです。

私が思う “ 普通 ” は、

まさに、そういうことだな〜と

思いました。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2017-11-27
初ブログから

2016年10月11日より、なんとか毎日ブログを書き続けています。

それ以前も、毎日ブログを書き続けていたときがありましたが、

ネタが無い!!とか、仕事が忙しい!!とか、遊びに行きたい!!とか、

そんな理由で毎日書くことをやめてしまいました。




文章を書くことが苦手な私は、

毎日書くことで「書くことに慣れる」かもしれないと思って

いまは続けています。




「ノグチのグチ」という名前を付けて、

ブログを書き始めたのが2006年9月15日でした。

ちょうどブログをみんなが書き始めた頃に、私もはじめたのでした。

いま書いているブログも下手なんですが、

その当時のブログはもっと下手で、恥ずかしくて読んでられません、、、




エキサイトブログを利用していたのですが、

画像がアップできなくなるなど、トラブルが続き

2009年12月17日よりfc2ブログに移行しました。

ここでのブログも同じように、恥ずかしくて読めません、、、

成長が無いですね。




そして、2013年1月1日にHP以降に伴い

ブログもfc2からいまのブログに移行してもうすぐ5年を迎えようとしています。




ブログの腕は全く上がっていませんが、はじめてから11年以上なので

まあまあのキャリアですね。

これからも、頑張って続けていきたいと思っていますので

よろしくお願い致します。

できれば、コメントいただけますと励みになります。笑

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2017-11-26
手すり

階段の登り易さ、降り易さは、

蹴上(段の高さ)と踏面(段の奥行)と幅が大きく影響しますが、

手すりも大事な要素です。

これは「蓮田の家」の階段の手すりですが、

折れ曲がる部分に “ 縦手すり ” を長くつけて

上からでも下からでも、手すりを掴んでクルッと回りながら

登り降りできるようにしています。


手すりを長くしているので、大人でも子供でも

身長に関係なく掴むことができます。

ここに “ 縦手すり ” があるだけで、階段の上り下りが

安全で楽になります。


階段をつくる際には、ぜひ、検討してみて下さい。


写真 STUDIO DIO/白石隆治




蓮田の家


埼玉県蓮田市
家族構成  親世帯:夫婦 子世帯:夫婦+子供2人
構造・規模 木造2階建
設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-11-25
手刻み

1年前の今日のブログで「手刻み」について書いていました。


(アオハダの家の「鎌継」)


(おゆみ野の家の「追掛大栓」)


(印旛の家の「墨付け」)




いま設計を進めている「鎌ケ谷の家M」は、平面形状が変形しているので

プレカットだと特殊加工(機械では加工出来ないので手で加工すること)が多く

プレカットするには効率が悪いのです。




そこで、工事をお願いする田中兄弟工務所に相談したら

「大丈夫です。、自分たちで刻みます」

ということ!


でも、手刻みにしたら人件費がかかっちゃうでしょ?

「いや、その分(プレカットの費用分)、

自分たちの仕事になるので、確かに余計に人件費はかかりますが大丈夫です」

とのことでした!


手刻みできる工務店さんの良いところが仕事に活かされますね。

これで、心置きなく伏図を描くことが出来ます!!




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性(母)




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-11-24
内部の高さを検討

せっけいを進めている「鎌ケ谷の家M」と「鎌ケ谷の家D」。

展開図を描いて絵を飾る位置を検討。

壁ととのバランス、ソファやペレットストーブとの関係を図にして確認してみる。

風を通すために設けた引戸や窓の位置を検討。

位置が高すぎると、ベッドで寝ているときに風を感じなくなるので

ベッドとの高さ方向の関係を考慮して位置を決める。

玄関の天井高さを検討。

リビングは天井を高くしているので、その高さをより感じてもらうために

あえて玄関の天井は低めで検討。

そうすることで玄関引戸を天井までつくっても

玄関引戸が反ったりするリスクも軽減できる。




建て主さんと、展開図と言う図面で、こうしたことを検討したり、

造作家具や棚の位置なども検討していますしていき

内部空間をつくっていきます。


建て主さんそれぞれで、使い方が違うので、

高さ方向の寸法も変わってきます。

それが住宅の個性をつくることが多々あります。

しかし、そうした部分は写真には写り辛いので、

お伝えしにくいのが難点です。笑




「鎌ケ谷の平屋M」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:63.92㎡(19.31坪)

住まい手:女性(母)




「鎌ケ谷の家D」

建築地:千葉県鎌ケ谷市

構造規模:木造平屋

延べ面積:75.02㎡(22.66坪)

住まい手:女性(娘)




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-11-23
もつ煮

埼玉での打合せを終えて

事務所の上の居酒屋 亀八で

もつ煮をいただきました。

ちょっと飲み過ぎました。

 

Posted on 2017-11-22
打合せ準備

急遽、明日、時間が出来て「椿山の家」の打合せをすることになり、

打合せの準備をしました!!

明日の打合せでは、

収納をどうするか?コンセントやスイッチ、照明をどうするか?

詰めていくことになります。

電気配線を打合せするので、事務所で打合せ前に再度、

展開図を見ながら電気設備の位置を検討しておいたり、

換気扇のダクトの抜き方やエアコンの冷媒管、ドレインの配管方法を

構造図でるある床伏図を確認しながら検討しておきます。

電気配線図でも、漏れや器具の位置などを確認しておきました。




明日の打合せで建て主さんと一緒に考えて決定することになりますので

今日の段階で決め過ぎないように気をつけながら準備をしました。




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-11-21
今年最後の勉強会のお知らせ

すっかり秋も深まり、

マフラーや手袋が必要な季節になってきました。

今年も、残すところ1ヶ月と少し。




今年最後の “ 住宅勉強会と相談会 ” のお知らせです。

相談会は12月9日(土)、

勉強会は12月10日(日)です。


いつも通り、お悩みやご心配なされていること、

メリット、デメリットや建築費や工務店のこと、

土地のことや建築時期や工期、消費税対策のこと、、、

などにお応えするということでも、もちろん結構ですが、


「あなたの暮らし方の素敵な点を見つけます!!」

「それを家づくりに活かしましょう!!」


という、もっと積極的な姿勢でお越し戴いた方のお話を伺い、

そこでお聞きした “ あなただけの『特別な普通』 ” を家づくりに

取り入れる方法を考えてみたいと思っています!!!

私と一緒に家づくりされた方は、

自分だけの『特別な普通』を取り入れています。


ぜひ、お越しいただいて、いろいろとお話をお聞かせ下さい。


お申込みは、

参加人数、ご相談・ご質問内容とご希望日時、

お車か否か(お車用の案内図をお送りします)を

こちらのフォームの「メッセージ本文」にご記入戴き、お申込み下さい。

(その他★印の必要事項もお書き下さい)

参加費は無料です。


事務所はモノレール「穴川駅」すぐ下のコチラです。


一日一組限定ですので、プライバシーが守られた中で

じっくりとお話を伺うことが出来ます。

美味しい珈琲と美味しいお菓子もあります。笑

小さなお子様もご一緒にどうぞ。

駐車場もございます。