2017-09

Posted on 2017-09-30
マンションリノベーション完成見学会のお知らせ

参加お申込み〆切ました!!

沢山のご応募ありがとうございました!!

成田市で進めておりますマンションリノベーション工事が

もう少しで完成します。

建て主さまのご厚意により、以下の日程で完成見学会を開催することになりました。




10月21日(土) 13:00 ~ 17:00

10月22日(日) 11:00 ~ 16:00

JR成田駅から徒歩でお越しいただけます。




参加は、ご予約制となっております。

ご予約下さった方に資料と共に詳しい案内図を郵送致します。

ご予約方法は、以下のフォームより10月18日(水)19:00までにお願い致します。
見学会お申込みフォーム





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
築16年の3LDKのマンションを一人暮らしを満喫できる様に

つくり変えました。

建て主さんのご要望もあって、天然系の素材を中心に、

素朴な材料を選び、その素材にあったつくり方を心がけました。

玄関土間から続くシュークロークや大工さんがつくったソファと寝室のつながり方、

寝室からも廊下からも使える収納部屋。

しっくいの壁に無垢の床に床暖房。

大きな窓には、内側に木でガラス戸をつくり、断熱性能を高めています。

キッチンも、半オーダー製で、周りの仕上に馴染んだものになっています。

キッチンの奥にはパントリーもあり、収納も十分です。

カウンターの付いた、ゆとりのあるトイレもご覧戴ければと思います。


これまでの現場の様子は、コチラをご覧ください。


皆様のご参加をお待ちしております。




「ひらく間」 -成田市 築16年のマンションリノベーション-

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997

 

Posted on 2017-09-29
いままでの作業風景

10月21日(土)、22日(日)に見学会を行う

成田市のマンションリノベーション。

いままでの作業風景を振り返ってみました。

こうして設計図を基に、大工さんをはじめ、職人さんたちが

ひとつひとつ手でつくってくれて、ようやく完成見学会の日を迎えられます。

みんなの想いがこもった空間になっていると思います。




あす9/30のブログで、完成見学会のお申込み方法などについて

お知らせさせていただきます。

普通は全体(家)の中に個室(部屋)があるのですが、

このリノベーションでは、

個室(部屋)の中に全体(家)があるように設計したつもりです。

それが、どんな感じになっているか、ご覧戴ければと思います。




「ひらく間」 -成田市 築16年のマンションリノベーション-

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-09-28
「ひらく間」

現在工事中の成田市のマンションリノベション。

一人暮らしのための空間であるがために、個室は必要ありません。

逆に「全体(の機能)が個室の中にあるように」設計しています。

そのため、用意された「引戸」は、閉めることを目的とせずに、

“ 開けておくこと ” を基本に考えて、つくり方が決められています。

そんな、空間の完成見学会を

10月21日(土)、22日(日)

に行います。詳細は、9月30日(土)のブログに記載致しますので

そちらをご覧の上、お申込み下さいます様よろしくお願い致します。




「ひらく間」 -成田市 築16年のマンションリノベーション-

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-09-27
穴川

うちの事務所は “ 穴川 ” にあります。

住所で言うと “ 天台 ” なんですが、この地域の通称は “ 穴川 ” で通っています。

モノレールの駅名も「穴川駅」です。

京葉道路のインターの名前も “ 穴川 ” です。

地名の由来は江戸時代に、

この付近が「穴川野地」と呼ばれていたことにあるそうです。

天台の方の地名の由来は、

大正天皇が陸軍の演習を統監された場所を、

天覧台と称したことに由来する、ということです。

また、ここは国道16号と126号の分岐点でもあります。

同じ道なのに、ここをポイントに16号と126号にわかれています。

そして、穴川インターは東関道と京葉道路との分岐点でもあります。

そんな場所で日々、設計活動をしているせいか、

家づくりに於いても、分岐したり交合わせたり、そんこともしながら

設計をしております。




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-09-26
蓮田の家

先日撮影をした「蓮田の家」の写真があがってきました。

近々HPにアップしますが、良い写真なので(笑)、

4カットほど、ここにアップします。

撮影はSTUDIO DIOの白石隆治さんです。




蓮田の家


埼玉県蓮田市
家族構成  親世帯:夫婦 子世帯:夫婦+子供2人
構造・規模 木造2階建
設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-09-25
左官下塗り

成田市のマンションリノベーション工事。

今日は、左官屋さんが下地処理・養生をしたあと

下塗りを開始しました。

下塗りだけでも十分良くて、これで「仕上」でも良いかもと思いました。

なめらかなコテさばきに、見入ってしましました!

この左官と言う業は、表面に材料を塗り付けているように見える仕事ですが、

何層も重ねていくこと(幾重にも重層的)、

人の手加減で表面に表情をつけ、表面に触れる空気や光を変えていき、

空間全体をつくっている仕事なのです。

まさに、今日見た左官仕事はそれだったので、

仕上がりが益々楽しみになってきました。




※あらためて、お知らせしますが、
 成田市のマンションリノベーションは、
 10月21日(土)、22日(日)に完成見学会を予定しております。
 ご興味ありましたら、是非、ご参加ください。
 参加申し込み方法は9月30日(土)にこのブログに掲載予定です。




成田のマンションリノベーション

場所  :千葉県成田市
改装内容:築16年のマンションフルリノベーション(スケルトンリフォーム)
規模  :75.83㎡
住まい手:女性1人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-09-24
錆鉄ポスト

アトリエのポスト。

その上に見たこともない虫が、、、

よく見ると、毛虫ではない、、、

どんな成体になるんだろ。

 

Posted on 2017-09-23
暮らしぶり

今日は「白子の家」に6ヵ月点で伺ってきました。

主には建具の問題があって、後日、直しをするということになりました。




すっかり建て主さんらしい暮らしが始まっていて、

とくに、キッチン廻りは個性が出ていました。

キッチンの吊戸棚は、料理が得意な建て主さんらしく

機能的でありながら美しい道具が並べられていました。

包丁も吊戸棚の下にマグネットをつけて収納してあり、

便利だし、カッコイイな~と思いました。

ガスコンロも業務用のものを、しっかり使いこなしていました。

着火の道具も、なかなか素敵です。

キッチンの後ろにある作業台は、

カウンターに石を埋め込んであるのですが、

火にかけていたヤカンやオーブンから出した熱い鍋などを

直に置いたり、パン生地などをこねたりと

すごく便利だと仰っていました。

ここに置かれていた急須も素敵でした。


今日は、朝のうち、雨が降っていたので縁側が少し濡れていましたが

そのしっとりと濡れた感じの縁側も良い味を出し、

新しいのに、懐かしい感じがしました。




点検も終わり、お話を伺っているときに

美味しい手づくりのお菓子と珈琲をいただきました。

打合せをしていたときも、たびたび、奥さんの美味しい手づくりお菓子を

いただいていたのですが、今日のお菓子も優しい味で、とても美味しかったです。

手づくりにこだわっているのは、料理が好きというだけでなく、

お子さんたちに、できるだけキチンとしたものを食べて欲しいという

愛情があるからこそ、手間暇かけておつくりになれているのだと思います。

そういう部分は、私たちがつくっている家づくりに似てるな~とも思いました。




これから、もっともっと建て主さんによってこの家が使いこなされ

建て主さんらしく、味わい深い家になっていくと嬉しいですね。




白子の家

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-09-22
公私混同

明日の点検に持って行く資料と、

さっき買ってきた唐辛子の鉢植えと、

仕事で使う色鉛筆などと、

メダカ、、、

公私混同の机の上。




お問合せ

住宅相談会・勉強会

 

Posted on 2017-09-21
あれから5ヶ月

白子の家」のお引渡しをしてから5ヶ月が経ちました。



うちの事務所では、お引渡し後、

3ヶ月、6ヵ月、1年、2年と定期的に点検し、

それ以降は、その都度、メンテナンスをするということにしています。

(お引渡し時に、それぞれの点検時に出す葉書をお渡ししていて

建て主さんの良きタイミングで、その葉書をお出しいただくようにしています)




白子の家」は、建て主さんが3カ月点検を忘れていて、、、笑

3カ月点検と6カ月点検を合わせてやってしまおうということで、

今度の23日(土)に伺うことになりました。

建て主さんから戴いたメールによりますと、


「今年の夏… ほんとに同じ場所か!? でした。家の中のあのモワッと不快な空気が

こんなにも変わるものかと この違い!衝撃的でした。」


この家は、同じ場所に建っていた平屋の建て替えをしたのですが、

軒を深くして日射をコントロールしたり、大きな窓で風をとりこんだり、

仕上に土や木や紙を使って、微細ながらも湿気をコントロールしたりしたことが

室内環境を良くしてくれたのだと思います。

ちなみに「白子の家」は、リビングにエアコンがありません。

リビングに繋がるロフトに6畳用のエアコンがありますが、

それを使われたのか?お聞きしたいところです。




5ヶ月も経つと、だいぶ建て主さんらしい家になってると思います。

暮らしぶりを拝見させていただくのが楽しみです。




白子の家

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997




お問合せ

住宅相談会・勉強会