3月 29th, 2017年

Posted on 2017-03-29
キッチン製作

大工さんにキッチンセットとキッチンの作業台をつくってもらう。

こうして毎回キッチンをつくっていて思うのは、

結果として同じように見えるキッチンでも、

使う人によって全然違う要求があって、

全然違うつくり方になると言うことです。

これはキッチンだけでなくて、

家も、キッチンと同じで

同じような間取り、外観に見えても

そこに住む人からの要求がそれぞれ違うので

よく見ていくと、全然違うつくりになっているのです。

これは家をつくったことのある人ならおわかり戴けると思います。

かと言って、製作キッチンじゃ無ければいけないと言うことではありません。

与えられた機能を受け入れて、

自分がその機能を使いこなしていくという方法もあると思います。

今回の「白子の家」は、キッチンにこだわるがゆえに

設備の機能を見直し、そぎ落とし、

その代わり作業台に不足している機能を付けていくということをしています。




そんなキッチンのある「白子の家」の完成見学会を

4/22(土)、23(日)に行います。

木造平屋30坪にロフトのある住宅です。

料理に多用する薪ストーブは北澤アートさんの手づくりです。

庭と繋がる幅3メートルの木製引込戸には引込障子もあります。

ちばの木の骨組みは、大工の手仕事が残り、目にすることができます。

コの字形状のスタディスペースは親子の交流の場になります。

盛りだくさんに伝え過ぎですね。笑

ぜひ、お越し戴き、空間体験をしていただければと思います。

参加お申込みや詳しいことはコチラからお願い致します。