2016-11

Posted on 2016-11-30
冬支度

明日は、「白子の家」の現場監理。

うちの事務所のある千葉市の穴川から、

「白子の家」のある南房総市に向かう道は、

途中、2つの山を抜けていくことになります。

ダムや川などもあって、この時期になると朝晩は冷え込み

君津や鴨川の山の中にある橋が凍結している場合もありますので、

昨日、タイヤをスタッドレスに履き変えました。

スタッドレスタイヤ

これで、安心して運転が出来ます。

しかし、過信し過ぎないよう、安全運転で行ってきます。




お問合せ

住宅相談会・勉強会

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2016-11-29
緑愛

少し前ですが、所用があって

ちはら台の家」に伺いました。

そのとき、キッチン脇のベンチ

掃き出し窓から見える庭が、

緑愛のみどり

この様にたくさんの緑で埋め尽くされていました。

この緑たちは、ご主人の愛情をたっぷり

注ぎ込まれ、いきいきとしていて

見る人を元気にしてくれます。

リビングの正面にある地植えの庭とは違う、

ベンチに座った人だけが楽しめる

ひっそりした雰囲気の庭になっています。






ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

ご相談、お問い合わせはコチラよりお願い致します。

 

Posted on 2016-11-28
招き猫?

今朝、アトリエに到着すると、、、

玄関の前に猫が横たわっていました、、、、、

すでに息をひきとった後の様子、、、、、。

それはもう、絵に書いたように木の玄関引戸に平行に横たわっていました。

最初は、すごく驚いたのですが、

学大×建築家のメンバーに

「それは招き猫だよ!!幸運がもたらされるよ!!」

と、言ってもらって、ちょっと安心しました。

念のためネットで検索したら

「猫は、死に場所を選んでいる。心地良くて、安心できる場所で最期を迎える」

と、ありました。

地下で囲われた空間のうちの玄関が居心地良くて、安心できる場所だったのかな?

可愛い顔をした縞猫で、やすらかな顔をしていました。

お線香を焚いて、やすらかにと合掌していたら

千葉市の方が来て、その猫をひきとっていきました。

こんなことがあるんですね~。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2016-11-27
勉強会

今日は、これから月に一度の「住宅勉強会」です。

勉強会前

今日の参加者は、埼玉県からお越し下さる方です。

今日のテーマは「暖房方法・断熱材」ですが、

このテーマ以外にもお聞きになりたいことが沢山あるようで、

お答えできる様に準備をしておきました。

テーマは、一応決めていますが、

テーマ以外のご質問やご相談でも、全然構いません。

折角お越し下さるので、出来る限り具体的にお応えをして

実のある勉強会にしていきたいと思います。

それでは、そろそろ始まりますので。




住宅相談会・勉強会
※次回の勉強会は12月18日(日)13:30~です。
※来年よりテーマをお選びいただけます。

お問合せ

 

Posted on 2016-11-26
格子戸

homifyの特集、

格子戸で扉もおしゃれにデザイン!その‎種類と特徴』で

ANA nHOUSE」の格子戸が取り上げられています。

ぜひご覧ください!!

ANA nHOUSEのポーチの格子戸

ANA nHOUSE」の格子戸は、ポーチに設け、門扉の役割をしています。

防犯性を確保しながら、風は通すことができます。

機能的なことだけなく“ポーチが囲われつつ外と繋がる”という

矛盾を含んだ魅力的な空間になっています。




ANA nHOUSE

建築地:千葉県木更津市
家族構成:夫婦+子供
構造規模:木造平屋建て+ロフト
延べ面積:159.42㎡(48.12坪)
     ※ガレージ、ロフトは含まず

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
     TEL 043-254-9997

施工:田中兄弟工務所 担当:井土覚




お問合せ

住宅相談会・勉強会
※テーマをお選びいただけます。

 

Posted on 2016-11-25
刻み

うちで設計する住宅は、結構“手刻み”の現場があります。

アオハダの家の手刻み

アオハダの家」の手刻み・・・腰掛鎌継

印旛の家 手刻み

印旛の家」の手刻み・・・刻み前の墨付け

おゆみ野の家 手刻み

おゆみ野の家」の手刻み・・・追掛大栓継

白子の家 手刻み

白子の家」の手刻み・・・金輪継


化粧で見えてくる部分には、追掛大栓継や金輪継は見ごたえがありますよね。

その家がある限り、ずっと大工の手仕事が暮らしの中にあるんですから。

隠れてしまう部分なんか、別にプレカットでも良いのかもしれないのですが、

隠れてしまうからこそ、大工の技を閉じ込めておきたくなるし、

なんとなくですが精神的な部分で違いがあるんじゃないかと思ったりもします。


この他にも「ANA nHOUSE」も手刻みでしたし、

BB HOUSE」も一部手刻みしました。

そうそうHPにはありませんが、「青戸の家」も手刻みでした。

今日みたいに雪の降る日も、凍える手でノミを使って刻んでるんでしょうね。




お問合せ

住宅相談会・勉強会
※来年から相談会も行います。また、テーマはお選びいただけるようにしました。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2016-11-24
住宅勉強会のお知らせ、再び

今日は、関東でも結構な雪が降りましたね~。

外気温が2℃とか、、、

寒い一日でしたね。

寒くなると、暖房や断熱について考えることが多くなります。

私と一緒に考えましょう!!!

ということで、住宅勉強会のご案内です。

今年は、次回の12月18日(日)が最後の勉強会となります。

その勉強会のテーマは「暖房方法・断熱材」です。


暖房方法もいろいろあり、実際にご自宅を建てる際には

どの方法にしようか悩まれることが多いです。

エアコンか、床暖房か、薪ストーブか、ペレットストーブか

それとも蓄熱式の暖房か、、、などなど、どれがご自分の暮らしに合うか。

印旛の建て主さんとペレットストーブ

印旛の家」の建て主さんとペレットストーブ

印旛の家 家族室とペレットストーブ

印旛の家」ペレットストーブのあるリビング

印旛の家 ペレットストーブ 炎

印旛の家」のペレットストーブの炎

西船の家のペレットストーブ

西船の家」のペレットストーブ

西船の家のペレットストーブのある家族室

西船の家」のペレットストーブのある家族室

いま、工事中の「白子の家」は土間に調理の出来る薪ストーブを置きます。

床暖房のご要望も多く、

蓮田の家の床暖房

ちはら台の家の床暖房

無垢の床を使いながら床暖房をしています。

写真は電気式のものですが、

温水式のものも実績(BB HOUSEおゆみ野の家)があります。

私のアトリエの床にも電気式の床暖房を入れています。

暖房方法は、どういう暖かさを求められているか?

日常の暮らしに合った暖房方法はなにか?

コストは、メンテナンスは?

など、いろんな視点からお話をしています。


暖房と同じか、それ以上にご質問の多い“断熱材”。

どの断熱材が良いのか?

それぞれの断熱材には一長一短がありますし、

断熱材の本質的なことは「断熱性能」にありますので、

適材適所で断熱材を選ぶのが良いと思います。

西船の家の断熱材

屋根にはフェノールフォームの断熱材、

壁には高性能なグラスウールの断熱材を入れた例です。

ちはら台の家のセルロースファイバー

こちらは、屋根と壁と床にセルロースファイバーを吹き込んだ例です。

番外として、

浴槽に断熱材吹付1

浴槽に大工さんがウレタンの断熱材を吹付けているところです。

浴槽に断熱材吹付2

吹付けが終わった状態です。

ハーフユニット(天井と壁を桧にするので)を使うケースが多いのですが、

浴槽が断熱されていないので、

こうして大工さんに断熱材を現場で吹いてもらっています。

無断熱に比べたら、お湯も冷めにくいでしょうし、

床も冷たくなりにくいと思います。


断熱材もさまざまなものがあって、どれを選んだら良いのか?

難しいと思います。私は、素材そのものの特性も考慮しますが、

それよりも先ずは、熱伝導率や熱抵抗値を重視してご提案しています。

また、断熱材のことだけ考えても良い家にはなりませんので、

家全体、いや、敷地の周辺環境も含めたことを考えて

ご提案をさせて戴くことになります。

その辺の詳しいことを含めて、勉強会では、

参加下さった方々にお伝えできればと思っておりますので、

ぜひ、お申込み下さい。お待ちしております。


12月18日(日) 住宅勉強会お申込み


来年からは、テーマをお選びいただけるようになりました。

また、勉強会のほかに“相談会”も行います。

ぜひ、ご参加ください。


住宅相談会・勉強会

お問合せ

 

Posted on 2016-11-24
野縁・下地・屋根

22日は、見学して戴いた後に、監督と打合せをし、

建て主さんご家族と夕方に打合せをしました。

現場は、天井下地の「野縁」をつくっていました。
野縁

野縁墨

壁の下地を入れ、「個室」という籠る部屋の低い入口の下地もできていました。

個室入口下地

電気ボックスも借り付けしてくれて、打合せができるようになっていました。

電気ボックス設置

外では、外壁の割付けをしていたり、

屋根の板金が葺かれていたりしていました。

屋根板金途中

薪ストーブの煙突(フラッシング)

薪ストーブの煙突の位置も確認したりと、

盛りだくさんな一日でした。




「白子の家」

北東から全開サッシと倉庫W

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997


お問合せ

住宅相談会・勉強会
※来年から相談会も行います。また、テーマはお選びいただけるようにしました。

 

Posted on 2016-11-23
見学に来てくれました

先日の11/3のブログ

『いまは南房総市で「白子の家」をつくっています。
 まだ骨組みの状態です。大工さんの手刻みの状態がわかります。
 もし、この状態をご覧になりたい方は、
 「お問合せ」よりご連絡下さい。
 タイミングが合わせて見学いただけるように致します。』

と書きましたら、

見学のお申込みがあって、11月22日(火)に見学して戴きました。

南房総市の紅葉(20161122)

わざわざ遠くからお越しいただき、ありがとうございました。

当日の現場は、まだまだ空間がわかる様な感じではなかったのですが、

全体の雰囲気や手刻みでつくった軸組みの感じなどを

ご覧いただけました。

化粧垂木と軸組み

壁下地と野縁

そして、大好きな珈琲のお土産まで戴いてしました!

ノルウェーのお土産の珈琲

まつ毛の長いお子さんも可愛くて、

私も楽しい見学の時間となりました。

ありがとうございました。


見学ご希望の場合は「お問合せ」より

ご希望の日時とお名前、ご住所、連絡先、メールアドレス、

見学人数などをご記入の上、お申込み下さい。




白子の家

お問合せ

住宅相談会・勉強会
※来年よりテーマをお選びいただけるようになりました。

 

Posted on 2016-11-22
模型製作中

模型と手

模型製作中。

※お手伝いしたい方がいらっしゃいましたら
 メールをください。笑




お問合せ

住宅相談会・勉強会
※来年よりテーマをお選びいただけるようになりました。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »