10月 25th, 2016年

Posted on 2016-10-25
屋根の断熱

南房総市「白子の家」は、着々と工事が進んでおります。

屋根の断熱と防水シート

この家は、屋根を支えている“垂木(たるき)”を見えるようにしているので、

屋根の断熱は“屋根の外側”でしています。

上の写真で白く見えているシートは“透湿防水シート”で、

「雨は通さないけど湿気は外に出す」というもので、

そのシートに包まれているのが屋根の断熱材です。

さらに、その上に湿気を排出するための部分を“通気垂木”でつくります。

湿気だけでなく、熱気も排除してくれます。

通気垂木の墨出し

通気垂木の墨出しをして、

通気垂木取付

通気垂木を取付けていきます。

この上には、野地板を張って、その上に防水のためのルーフィングを張り、

ガルバリウム鋼板で仕上ます。

屋根の先端は、

屋根の先端の給気口

屋根の内部を換気するために、外気を取り込む“給気口”を設けています。

ここから外気が入って、反対側の屋根の先端から抜けていきます。

垂木を見せて、軽快な屋根にするためには、同時に断熱や通気のことも考る必要があります。

断熱がちゃんとしていなければ、屋根からの熱気で室内が熱くなったり、

冷気寒くなったりと、外気の影響をもろに受けてしまいます。

通気もちゃんとしていないと、屋根の内部に籠った湿気で

長い間には、屋根の内部の木が腐ってしまうこともあります。

“垂木を見せる”という、派手なことを実現させるためには、

その裏で、地味ではありますが、性能を確保する仕事がされています。

そして、派手な部分を考えることも楽しいのですが、

地味な部分を考えるのも、設計する楽しみだと私は感じています。




「白子の家」

北東から全開サッシと倉庫W

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997




この他に、

アオハダの家」と「印旛の家」も垂木の見える住宅です。


お問合せ

住宅相談会・勉強会
※来年から相談会も行います。また、テーマはお選びいただけるようにしました。