4月 11th, 2016年

Posted on 2016-04-11
未来を見る

先のことがわからないから不安を抱く。

「この仕事、約束の日に終わるのかな?

終わらなかったらどうしよう、、、」

と、どうなるかわからない未来に不安を感じた

ことがあると思います。

私も、常にその不安を抱えています。

そこで、その「わからない未来」をわかる様に

していくことで、不安を少なくしています。

それが“工程表をつくる”です。

工程表

工程表をつくって、1か月後、1年後の未来を見て行きます。

この工程通り進めて行けば、約束の期限に終わることができますので、

工程表をつくってしまえば、あとは“工程表通りやるだけ”になります。

私は、工程表をつくるとき、必ず「終わりの日」からつくっていきます。

終わりに日(未来)から今日(現在)に向かってスケジュールを決めて行くのです。

これが私にとって“未来を見る”ことなのです。

こうして、いま進めている仕事は、約束の期日をやぶることなく

ほぼ実現されています。

(あくまでも、設計の工程です)

それでも、たまに期日を過ぎることがあります、、、。

そのときは、そうなることが予想された時点で

お伝えし、新たな期日を決めさせていただいております。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »