2016-01

Posted on 2016-01-22
浴室防水

家族室石膏ボード張り

「四街道の家」は、木工事が進み、

もうすぐ内部の仕上工事にとりかかろうとしている段階です。

階段の仕上前 天井見上げ

階段の壁のボードも天井のベニアも終わりました。

階段の仕上前 見下ろし

階段を見下ろすと、こんな感じです。

2階廊下下地の状態

2階の廊下の天井もベニアの仕上です。

寝室に入ると、階段に繋がる小窓が目に飛び込んできます。

寝室小窓枠

この小窓は、木製の枠に透明なガラスを入れた引戸になります。

だいぶ出来てきました。

浴室はハーフユニットを利用して、壁と天井を桧で仕上ます。

ユニット部分以外を防水するのですが、

ハーフユニット上部防水

天井下地の上に更に天井をつくり、そこで防水をしています。

こうすることで、桧板や点検口の僅かな隙間から入った蒸気で

2階の床が痛まないようにしています。

天井は、水があまりかからないから大丈夫だと思っても、

湿気で2階の床が痛むこともありますので、注意が必要です。


工事が進み、仕上がりが楽しみな時期になってきました!!






「四街道の家」


四街道の家

千葉県四街道市

構造規模:木造2階建て

家族構成:夫婦+子供2人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ

ご相談・ご質問はコチラからお願いします。




桧のお風呂は「アオハダの家」や「印旛の家」、「西船の家」の設計例でもご覧いただけます。

 

Posted on 2016-01-21
ミズメの珈琲ミル

mokuneji

ミズメでできた珈琲ミルを戴きました。

手になじみ使いやすい。

上下を分ける部分のネジ山や歯の部分にも工夫があって

ものづくりに対するこだわりを感じる道具です。

こんなに素敵な気持ちにさせてくれるなんて、

もうこれは単なる珈琲を挽く道具じゃないですね。

もちろん、これで挽いた珈琲の味は最高でした。




美味しい珈琲を淹れて、ゆっくり本を読みながら過ごしたい。

昭和の喫茶店のようなリビングにしたい。

そういう想いから築19年の軽量鉄骨造のハウスメーカーの家を

フルリノベーションしたのが「ちはら台の家」です。

この家のリビングで戴く珈琲はいつも美味しいです。




野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
TEL 043-254-999

お問い合わせはコチラから

 

Posted on 2016-01-20
今日のアトリエ

2016.1.20のアトリエ

今日のアトリエ。

冬の日差しが、地下のアトリエに入ってきて少し眩しいくらい。

お陰さまで、みんな元気に頑張っております。




「穴川のアトリエ」

設 計 監 理 野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
TEL 043-254-999

お問い合わせはコチラから


「穴川のアトリエ」はリノベーションの事例ですが、

その他にリノベーションの事例として「ちはら台の家」もあります。

そちらも是非ご覧ください。

「ちはら台の家」の設計事例

 

Posted on 2016-01-16
末広がりのリビング

「四街道の家」は、だいぶ出来てきました。

末広がりのリビング

とは言っても、まだまだ下地の状態ですが、

ここまでくると、現場に行けば、室内空間の感じがわかります。

この家は、玄関入って南に行けばいくほど

角度を持って広がる空間に広がる空間になっています。

そう“末広がりのリビング”になっているのです。笑

進めば進むほど広がっていくので、実際の大きさよりも

広く感じます。また、その先には大きな窓が待っているので

より開放的に、より広く感じます。


ルーフバルコニーの水掛け試験も行いました。

ルーフバルコニー水掛け試験 全体

ルーフバルコニー水掛け試験 サッシ部分

ルーフバルコニー水掛け試験 立上がり部分

通常は、あまり行われることは無いと思いますが、

キチンと防水をした上で、本当に水が漏れないか?

あり得ない量の水をホースを使って掛けて確認しました。

私が、1階に行って水が漏れていないか?見ました。

もちろん、一切水漏れ無しで、これで全く心配無しに

1階の天井を塞ぐことができます。

こうした地道な確認が、大きな安心感をつくり出します。


工期的に予断は許せ無い現場ですが、

これからも、建主さん、工務店さんたちと協力し合って

頑張っていきたいと思います。






「四街道の家」


四街道の家

千葉県四街道市

構造規模:木造2階建て

家族構成:夫婦+子供2人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ

ご相談・ご質問はコチラからお願いします。

この現場の前に竣工した家は「おゆみ野の家」です。よろしければ「おゆみ野の家」もご覧ください。

 

Posted on 2016-01-15
学大

直前のお知らせになりますが、


明後日の1月17日(日)11:00~17:00

学大×建築家」のギャラリーに私、野口がおります。

学大地図


住宅の新築やリフォーム、リノベーションで

なにか相談されたいことがございましたら

ぜひお越しください。

お待ちしております。


「学大×建築家」のサイト

 

Posted on 2016-01-15
坪単価

ザ・ハウスのサイトで、各ハウスメーカーの「結果坪単価」が

公開されていました。


各ハウスメーカーの「結果坪単価」比較


やっぱりかなりの金額ですね。

規格が決まっているのに、これほどの金額がかかるのですねー。

野口修アーキテクツアトリエが設計する家は、

空間も自由で、ほとんどの部分が、手づくりなのに

これほど掛からない家が大半です。

一生懸命働いて稼いだお金ですから、

良く考えて使いたいものです。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2016-01-08
張る

2階天井仕上ラワンベニア張り

「四街道の家」では、2階天井に仕上材を張る工事が進められています。

外部でも“軒天”と言って、軒裏の天井にケイカル板を張る工事が進められていました。

軒天ケイカル板張り工事

年が明けて間もないですが「四街道の家」の現場は、

淡々と、そして黙々と、また着々と工事が進んでおります。笑






「四街道の家」


四街道の家

千葉県四街道市

構造規模:木造2階建て

家族構成:夫婦+子供2人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ

ご相談・ご質問はコチラからお願いします。

 

Posted on 2016-01-04
あけましておめでとうございます

みなさま、

新年、あけましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。




野口修アーキテクツアトリエは、今日、仕事始めです。

さっそく「四街道の家」の現場へ行ってきました。

現場も、今日から再開で、大工さんが天井の石膏ボードを

黙々と張っていました。地味な作業ですが、なかなか大変な仕事です。

太陽光を浴びた外観は、軒の影や杉板の質感があらわれて、

独特の雰囲気を出していました。

新年の外観途中






「四街道の家」


四街道の家

千葉県四街道市

構造規模:木造2階建て

家族構成:夫婦+子供2人

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ

ご相談・ご質問はコチラからお願いします。