2015-05

Posted on 2015-05-29
出逢

今日は、休み2日目。

午前中は、旅支度をして、

午後からは新宿へ。

OZONEの顔合わせに参加して来ました。

OZONEのスタッフの方達との出逢いも

素敵だったのですが、参加していた建築家

との出逢いが嬉しかったです。

明日、朝が早いので、もう寝ます。

おやすみなさい。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2015-05-28
お休みのお知らせ

以前より、このブログでお伝えしていましたが、

野口修アーキテクツアトリエは

5月28日(木)~6月3日(水)まで

お休みさせていただきます。

その間戴きましたメール、FAX、お電話に関しましては

業務を再開する6月4日(木)より、順次、お返事致します。

何卒よろしくお願い申し上げます。




野口修アーキテクツアトリエ

野口修一

 

Posted on 2015-05-27
造作

今日は一日「蓮田の家」でした。

吹抜側に設けた框戸の枠。

その先に、のどかな風景が広がります。

image

image

それと、苦労してつくったテレビボード。

この裏に建具が引き込まれています。

image

この「蓮田の家」、6月20日(土)、21日(日)に

完成見学会を行います。

改めてこのブログでお知らせ致しますが、

参加をご希望の方は、

「お問合せ」より、お名前、ご住所、

メールアドレス、電話番号をお書き

いただきましてご応募下さい。

追って、詳しい資料をお送りします。

 

Posted on 2015-05-26
外壁板金

外壁ルーフィング状態

快晴の今日、「おゆみ野の家」へ。

とうとう、外壁板金工事が始まりました。

板金屋さんの叩き

今回の外壁の板金部材は、ほぼ全て、手加工になります。

吊子を手づくり

外壁の板は900枚以上になるようで、吊子は1700枚以上だそうです。

外壁板金割付確認

まずは、あまり目立たない東側の外壁から始めていました。

しばらくすると、

東側外壁板金途中

なかなか大変な仕事です。

内部も黙々と仕事が進められ、

障子枠の取付

障子の枠を取付けているところでした。

いま、現場は見ていて楽しい時期です。

 

Posted on 2015-05-25
亀八の亀

うちのアトリエの上は「居酒屋 亀八(きはち)」があります。

私の母と妹がやっている居酒屋です。

亀八の看板

そこのお客さんが、杉の木を彫ってつくってくれた“親子の亀”を

おすそわけで貰って、ポストの上に仲良く並べていたんですが、

亀八の亀

親亀がどこかにもらわれて行ったようです。笑

もしかしたら、竜宮城に行ったのかもしれないですね。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2015-05-24
一年前

一年前、このブログで「蓮田の家」のことを書いていました。

「蓮田の家」は、現在、仕上工事とデッキや板塀の工事をしているところです。

東に梨畑があり、西と南には畑のあるゆったりとした敷地に建っています。

現場に行くと、この時期は、いつも雉が「ケーン、ケーン」と鳴いています。

東南の角に大きな木製の引込サッシを設け、広い庭と室内をつなげています。

吹抜けを介して、1階の家族室(リビング)と2階のスタディスペースが

繋がる様になっています。

蓮田の家

蓮田の家 デッキとバルコニー

この「蓮田の家」、

6月20日(土)、21日(日)に完成見学会を予定しています。

改めて、このブログでお知らせをさせていただきますが、

完成見学会へ参加をご希望される方は、

お問合せ」よりご連絡下さい。

詳しい資料をお送りさせていただきます。






「蓮田の家」
埼玉県蓮田市
家族構成:夫婦+子供2人
木造2階建 158.35㎡(47.90坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

 

Posted on 2015-05-23
言葉(6)-見積-

2011年7月17日の手帳にあった言葉。




見積りの目的は何か?

正しく正確な見積をつくることが目的か?

それとも仕事を獲ることが目的か?

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2015-05-22
傾向

なにかをパターン化するのは嫌いなんですが、

『「心配性からくるネガティブ」と「傲慢なポジティブ」は、

建築士の試験に落ちやすい』という、実感があります。

心配性過ぎて、なかなか決断できずに、制限時間が来てしまうパターンと、

傲慢過ぎて、全く違うのに「ま、これで良いでしょ」って

勝手に解釈して間違った答えを突き進めてしまうパターンを良く目にします。

合格する人は、心配性と傲慢さの丁度中間というか、

そのバランスがとても良いのです。

そのバランスを良くするために、勉強が必要ということです。

そんな話を今日のお昼、スパゲティーを食べながらしていたのでした。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2015-05-21
再会

少し前のこのブログで、

前田紀貞建築塾で一緒に学んだ同期と疎遠になっている

というようなことを書いたら、

すぐに連絡が来て「では、近々逢いましょう!!」という

ことで、先日の5月19日(火)に新宿で同期の塾生2人と

塾の先輩、アトリエの元スタッフの方と

楽しい時間を過ごしました。

あの時間を一緒に過ごした者にしかわからない話で

盛り上がって、飲みすぎました、、、。

建築塾が無かったら、みんなと出会えていなかったので、

この出会いに感謝です。

そして、建築塾に行っていなければ、今の自分は

ありません。

私にとって、前田紀貞建築塾はかけがえの無い存在です。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2015-05-20
みなづき鍼灸院

午後から「ちはら台の家」へ。

ここのところずっと首が痛くて、治療のために伺いました。

「ちはら台の家」は、昔、和室だった場所を改装して

ご主人がされている『みなづき鍼灸院』の治療室にしました。

みなづき鍼灸院看板

鉄錆の看板が迎えてくれます。

到着すると、庭でつくっている野菜たちを紹介して下さいました。

きゅうり、トマト、なすなど、、、

なす

所狭しと、野菜のプランターが置かれていました。

その足で、裏にまわり浴室の坪庭を拝見させていただきました。

坪庭のパーゴラと紅葉

パーゴラの先から顔お出すモミジが素敵です。

視線を下に向けると、

坪庭の植物

こんなに素敵な緑が沢山おかれていました。

暮らしを楽しんで戴いているようです。




ついに、治療開始です。

針で傷を少しつけて、そこに吸引するガラスをつけて

悪い血を吸い出してもらいました。

つづいて、針を何種類か打ってもらいました!!

これがつぼを刺激して、なんとも言えない心地良さ。

沢山針を打って戴き、相当改善されてきたところで

今度は、お灸です。

このお灸も丁度良い熱さで、つぼを刺激して

身体をほぐしてくれます。

痛かった首も、治療後には、ほぼ改善され、

首をひねると痛かったのが、殆ど痛みが無くなりました。

マッサージと違い、表面的な施術で痛みをごまかすという

のではなくて、内部に入って、痛みの元を直接刺激するというもので、

完全に「治療」という感じでした。

治療後に「昭和の喫茶店」のようなキッチンを持つ

リビングで、綺麗な庭をお見ながら

美味しい珈琲とビワのゼリー、かぼちゃのクッキー、えびせんを戴き

心身ともにリラックスすることが出来ました。

とても、素敵で貴重な時間を過ごすことが出来て、

本当に感謝です。






ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997