2015-04

Posted on 2015-04-20
授業

今日は、田町にある読売理工医療福祉専門学校

「ディティール演習」という授業が始まりました。

この授業は、建築の細部をどうやって納めていくかを

考える演習です。

細部とは、ドアや引戸の廻りについている「枠」や

「階段」、屋根の先端である「軒先」などを言います。

その部分をどうつくるのかを、先ずは、事例をつかって

習得し、そのあと、自分で「自分だったらこうやってつくる」

という方法を考えていく演習です。

生徒たちにてとっては、いままで見えなかった(見ていなかった)ことが

見えるようになっていくので、とても意味があって楽しい演習に

なるのではないかと思いますし、

そうなるよう努めていきます。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2015-04-19
暮らしを楽しむ

今日は、「四街道の家」の建主さんと

アオハダの家」にお邪魔してきました。

アオハダの家」のご主人は、以前よりブログで紹介しています通り

自力で物置小屋を2つもつくったり、ベッドも自作したりと、

日曜大工というレベルを超えて、ものづくり活動をされている強者です。

今日も、驚かされました!!

なんと、大きなパーゴラが出来ていました!!!

しかも、技術的な完成度と同時に意匠性も高い!!!

アオハダの家 パーゴラ1

アオハダの家 パーゴラ2

スケール感といい、高さといい、この家に合っていました!!

天井からつりさげられた流木に巻きつく緑も素敵です。

それだけでなく「ナン窯」まで自作されていました!!!

ネットで「ナン窯」のつくり方をみて、つくったそうですが、

完成度が高い!!!

ナン窯1

ナン窯2

近所の農家の方にもらったブリキのドラム缶を切り、

植木鉢の底を切り、その間にモルタルを入れて

フタは、切った植木鉢の底を利用していました。

ここでナンを焼いて、パーゴラの下でカレーを食べる!!

最高に美味しそうです。

これで終わりではありません!!!

なんと、スコーンまでご主人の手づくり!!!

Exif_JPEG_PICTURE

手づくりなだけではないのです!!!

そのスコーンに入っているブルーベリーは、

お隣の土地で勝手に育ったブルーベリーを収穫して

入れているのでした!!!

もちろん、お隣さんには、ちゃんとことわって頂戴しています!!!

なぜスコーン?

お聴きしましたら、冬場は寒くて、外での作業が大変なので

スコーンなら、室内でできるということで、

冬の寒い間は、外での木工作業はお休みして、

スコーンづくりに勤しんでいるそうです。笑

一年を通して、ものづくり活動をされていて、

本当に、暮らしを楽しんでいることが伝わってきました!!!

こんな暮らしが出来る家って、本当に素敵だなー

と思いながらアトリエに帰ってきました。






アオハダの家
千葉県千葉市
法上の延べ面積 137.44㎡(41.52坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

 

Posted on 2015-04-18
外壁サンプル

今日は、「おゆみ野の家」で造園家の方と建主さんご夫婦と

造園の打合せをしました。

可能性が広がって、良い植栽計画になりそうで、楽しみです。




現場に入ると、外壁の板金仕上「一文字葺き」の試し葺きが

リビングの壁を使ってされていました。

外壁板金サンプル1

外壁板金サンプル2

階段葺きなど、いろいろ考えましたが、王道の「一文字葺き」で

板金屋さんにお願いしました。

外壁を板金で仕上る際、今回の様に、商品化されたものでなく

職人が一つ一つつくるものには、そのもので「防火構造の認定」が

されていなく、困っていたところ、リオタデザインの関本さんに

電話をして、法律的に問題無いようにする方法を教えて戴き、

「おゆみ野の家」は、手づくりの板金仕上を外壁に施すことができました。

関本さん、ありがとうございました。




天井まである大きなサッシから、光と風を沢山入れよう!!

でも、庇と植栽で日差しを和らげよう!!

と、考えられた窓となっています。

覚さん作業中






「おゆみ野の家」

千葉県千葉市
家族構成  夫婦+子供2人
構造・規模 木造2階建(120.28㎡/36.38坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

 

Posted on 2015-04-17
東金、そして千葉の新宿へ

今日は、午後から東金へ。

スマートランニング一級建築士事務所さんが設計し、

只今工事中の住宅を見学させていただきました。

軒先の高さが1800ミリ、そこから内部に入り、土間の空間を抜けると

屋根なりに天井が高くなって、大きなボリュームに感じるリビングルームへ。

開放的でありながら、安心感も生まれる空間になるんじゃないと

感じた空間でした。

軒先が低く抑えられているので、近くで見ると可愛い感じなのですが、

離れて全景を見ると、横長に大きく見えました。

現場の裏に、築200年という立派な御母屋が建っていて、

そこの土間で、建主さんに私たちまでお茶をご馳走になってしまいました。

おばあちゃんの楽しい話と、美味しい焼き芋と炒った落花生に

甘い蜜柑と、品の良いどら焼き。

もの凄く素敵な建主さんで、今日、初めてお逢いしたとは思えないほどでした。

いろいろと勉強になった現場見学でした。

建主さん、監督さん、大工さん、ありがとうございました。

現場を後にして、その足でスマートランニングさんの事務所へ。

スマートランニング一級建築士事務所さんは、

小泉さん、千葉さんのご夫婦でされている

設計事務所で、千葉市中央区の新宿にあります。

2階にある事務所は、大きなテーブルのある、素敵な空間で

キチンと、本当の意味でデザインされた事務所でした。

その大きなテーブルで、小泉さんが淹れてくれた

美味しい珈琲を2種類、戴きました。

2杯とも、もちろん美味しかったです。

きっと、挽き方も、淹れ方も良いからだと思います。

もちろん、豆そのものも良いんだと思いますが。

すっかり、事務所空間でのまったりタイムを満喫してしまい、

気が付けば外は暗くなっていました。

後ろ髪を引かれる思いで、スマートランニングさんを後にしたのでした。

小泉さん、千葉さん、

今日は、長時間にわたりおもてなし下さいまして

本当に、ありがとうございました!!!

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2015-04-16
日建学院

先ほどまで、日建学院で授業をしてました。

生徒は必死なので、

こちらも、喉が枯れるほどしゃべりまくり。

手のチョークを落として

これから夕食です。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2015-04-15
本棚

天気が不安定なこの頃ですが、

「蓮田の家」は、枠を付けたり、木工事が着々と進んでいます。

2階の通路に大きな本棚も設置されました。

2階廊下本棚

可動棚は、これからの設置になります。

寝室の吹抜側に設けた小窓の枠も取り付き、

だいぶ雰囲気がわかるようになってきました。

2階寝室吹抜け部分開口

その小窓から吹抜をのぞくと、

2階寝室開口から吹抜けを見る

こんな景色が目に飛び込んできます。

やはり、手作業が多いので、木工事に時間がかかっています。

大工さんの内部の工事が終わるのは、もう少し先になりそうです。






「蓮田の家」

埼玉県蓮田市
家族構成  夫婦+子供1人
構造・規模 木造2階建(158.35㎡/47.90坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

RSS Feed  Tags:
Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2015-04-14
白子の家

昨年の9月よりご相談を戴いておりました

南房総市の「白子の家」の設計が始まります。

とても大きな敷地に、御母屋、2階建ての住宅、社屋、

そして今回建て直す平屋と倉庫が建ち並ぶ

ゆとりのある敷地環境での家づくりとなります。

しかし、大きな敷地でありながら、既存樹木や敷地内の畑など

今回の計画でできるだけダメージを与えないようにしたいので、

使える土地の面積は限られてきます。

また、その制約がこの計画を楽しくしているところでもあります。

すでに2つの案を提案させて戴いております。




最初の案は、

北東から全開サッシと倉庫W

デッキから家族室とキッチンW

道路と建物2W

できるだけボリュームを抑えながらも、

大きな暮らしが出来るよう、開口部だけでなく、

高さ方向の空間もバランスを考えながら使った案でした。




2つ目の案は、

最初の案よりも平面に重きを置いたプランニングですが

最初の案同様、風抜きとしても機能するロフトもあります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

「家族室」と呼ぶLDKに子供室と和室、スタディースペースが繋がり

より家族が一体的な暮らしが出来るよう考えられた案になっています。




今後は、もう少しボリュームを抑えつつ、

さらに空間の質を高めるべく、建主さんご家族と一緒に

案を練っていきます。

南房総市での家づくり、もう、ホント、ワクワクします!!






「白子の家」

千葉県南房総市

家族構成:夫婦+子供2人

構造規模:木造平屋建て(一部ロフト)

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

 

Posted on 2015-04-13
作業

image

プレゼンテーションを控えて、

作業中のテーブル。

静かな風景に見えますが、

作業してる本人は、

必死になってるのでした。

必死な空気感は写真には写らないですね。

 

Posted on 2015-04-12
飾り

どこかの誰かが、

アトリエのポスターに、、、‼︎

折角なので、

しばらくこのままにしておきます。

image

 

Posted on 2015-04-11
屋根・庇

午後から「おゆみ野の家」に行ってきました。

上屋板金工事

板金屋さんが軒先のタテハゼを処理していました。

見事なハサミさばきで、ずっとその仕事ぶりを見ていられます。

庇の取付が行われていて、だいぶ外観がわかるようになってきました。

庇を取付ける覚さん

窓庇下地外観

掃き出し窓庇下地外観

1階の床に断熱材が入れられ、もうすぐ、1階も歩きやすくなります。

1階床断熱

ここも、楽しい現場です。






「おゆみ野の家」

千葉県千葉市
家族構成  夫婦+子供2人
構造・規模 木造2階建(120.28㎡/36.38坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997