4月 19th, 2015年

Posted on 2015-04-19
暮らしを楽しむ

今日は、「四街道の家」の建主さんと

アオハダの家」にお邪魔してきました。

アオハダの家」のご主人は、以前よりブログで紹介しています通り

自力で物置小屋を2つもつくったり、ベッドも自作したりと、

日曜大工というレベルを超えて、ものづくり活動をされている強者です。

今日も、驚かされました!!

なんと、大きなパーゴラが出来ていました!!!

しかも、技術的な完成度と同時に意匠性も高い!!!

アオハダの家 パーゴラ1

アオハダの家 パーゴラ2

スケール感といい、高さといい、この家に合っていました!!

天井からつりさげられた流木に巻きつく緑も素敵です。

それだけでなく「ナン窯」まで自作されていました!!!

ネットで「ナン窯」のつくり方をみて、つくったそうですが、

完成度が高い!!!

ナン窯1

ナン窯2

近所の農家の方にもらったブリキのドラム缶を切り、

植木鉢の底を切り、その間にモルタルを入れて

フタは、切った植木鉢の底を利用していました。

ここでナンを焼いて、パーゴラの下でカレーを食べる!!

最高に美味しそうです。

これで終わりではありません!!!

なんと、スコーンまでご主人の手づくり!!!

Exif_JPEG_PICTURE

手づくりなだけではないのです!!!

そのスコーンに入っているブルーベリーは、

お隣の土地で勝手に育ったブルーベリーを収穫して

入れているのでした!!!

もちろん、お隣さんには、ちゃんとことわって頂戴しています!!!

なぜスコーン?

お聴きしましたら、冬場は寒くて、外での作業が大変なので

スコーンなら、室内でできるということで、

冬の寒い間は、外での木工作業はお休みして、

スコーンづくりに勤しんでいるそうです。笑

一年を通して、ものづくり活動をされていて、

本当に、暮らしを楽しんでいることが伝わってきました!!!

こんな暮らしが出来る家って、本当に素敵だなー

と思いながらアトリエに帰ってきました。






アオハダの家
千葉県千葉市
法上の延べ面積 137.44㎡(41.52坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997