2014-07

Posted on 2014-07-31
ちはら台の家 竣工写真UPしました

先日見学会を開催させていただいた「ちはら台の家」竣工写真をUPいたしました。
設計例より是非ご覧ください。

reform
写真::垂見写真事務所




キッチンの左側は、改装前、トイレでした。

 

Posted on 2014-07-31
印旛の家 昨夏

印旛の家 風景を取り込む窓


この写真は、去年(2013)の今頃の印旛の家です。

サッシが付けられ、外の緑が室内に

取込まれている様子がわかります。

印旛の家は、すでにそこでの暮らしが始まっております。

お盆前の8月12日に撮影をさせて戴くことになりました。

空気感の伝わる写真が撮れると良いのですが。






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

 

Posted on 2014-07-30
作図法の進化

今日は、これから日建学院で製図の授業です。

日建学院では「スピードアップ製図法」という

設計製図試験で求められている一式図をいかに合理的に

間違いなく仕上る方法を受験生に提示してきたのですが、

今年から、その方法を更にブラッシュアップし、進化させました。

ここで詳しくは紹介できないのですが、

「個」と「全体」を同時につくっていく方法なので

「全体」と「個」が同時に出来上がっていきます。

昨年までの「スピードアップ製図法」も、そうだったのですが、

今年の作図法は、よりそのことが実現できるものになっていると思います。

そのことも伝えるべく、これから日建に行ってきます。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »

 

Posted on 2014-07-29
さとるさん

コカコーラ


排水管が詰まって困っていたところに

田中兄弟工務所のさとるさんが来てくれて

直してくれました。

直ったところで、コカコーラ。

さとるさん、ありがとうございました。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | No Comments »

 

Posted on 2014-07-28
緑のカーテン もう少し

緑のカーテン もう少し


先日植えた、夕顔。

緑のカーテンとしては、もう少し・・・。

茂る前に夏が終わってしまうかも!?



「穴川のアトリエ」

設 計 監 理 野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
TEL 043-254-999

お問い合わせはコチラから

 

Posted on 2014-07-26
見学会終了

先ほど「ちはら台の家 入居後の見学会」が

終わりました。

お越し下さった皆様、お暑い中お越しくださいまして

誠にありがとうございました。

また、見学会開催をご承諾下さいました建主さま、

いろいろとご配慮賜りまして、誠にありがとうございました。

準備やお客様の対応などして下さいました

中野工務店の方々、本当にありがとうございました。




みなさまに、心より感謝申し上げます。

ありがとうごいました。

 

Posted on 2014-07-25
印旛の家 夏

今日は「印旛の家」の6カ月点検に行ってきました。

緑のカーテン あさがお

朝顔の緑のカーテンが夏らしさをつくっていました。

さすがに猛暑日の今日は、エアコンがついていましたが、

20畳ほどのリビングでも、1台のエアコンと天井のサーキュレーターで

十分心地の良い環境になっていました。

リビングにつながっている和室の入口襖、収納の襖、地袋の襖が

ようやく仕上られていました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

入口襖の手掛け部分と柿渋和紙、火山灰の土壁。

Exif_JPEG_PICTURE

収納襖のカリンの手掛けと柿渋和紙。

Exif_JPEG_PICTURE

床の間、地袋襖のちり落しと柿渋和紙。

襖に柿渋和紙が貼られただけですが、

それだけでも、和室の空気がかわりました。




さて、6カ月点ですが、

なんの問題もなく、快適だということでした。

次回は、来年1月頃に1年点検になります。

その頃は、ペレットストーブが活躍していると

思います。楽しみです。






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

 

Posted on 2014-07-19
側溝氾濫!!

先ほどの大雨で、アトリエ前の側溝が氾濫しました!!

しかし、1年半ほど前につくったステンレスの防水板が

水を止め、地下は何事もなかったかの如く無事でした!!

側溝氾濫1

側溝氾濫2

側溝氾濫3


今回のことで、防水板がちゃんと機能することもわかったので

安心感を実感でしました。

 

Posted on 2014-07-19
来訪

今日は、ANA nHOUSEのご主人が、アトリエに来て下さいました。

アトリエの近くに千葉県のスポーツセンターがあるのですが、

その中に県営球場があって、その球場で今日の午後から

ご主人出身の高校の試合があって、その帰りにお寄り戴きました。




話はその試合の話から、高校野球全体の話や、

高校野球の試合以外の部分での感動秘話などで盛りあがり、

その後は、息子さんがやっているサッカーや駅伝の話になって、

また高校野球の話になって、楽しい時間はあっという間に

過ぎて行きました。




こうして、家以外の話で建主さんと、盛りあがるのも

もの凄く楽しいことなんだと、思いました。

また、こんな時間が持てたら嬉しいですねー。

RSS Feed  Tags:
Posted in 日記 | 2 Comments »

 

Posted on 2014-07-16
「ちはら台の家」 住宅見学会のお知らせ

「ちはら台の家」入居後の見学会開催のお知らせ




「ちはら台の家」は、

もともと大手ハウスメーカーによる軽量鉄骨の分譲住宅でした。

自分たちがのぞむ生活に画一的につくられた間取りが合わず、

思い切ったフルリノベーションを計画されました。

軽量鉄骨の骨組みや外装、サッシはそのままにしながら、

内部空間を大きく変えました。




リビングからキッチン


リビングからテレビ


リビングからベンチ


キッチンからリビング


寝室から2階ホール


2階ホール




内部の仕上も、もちろん替えたのですが、

「仕上を替える」というよりも「空気を替える」という言い方の方が

近いように思います。

また「間取りを替える」というよりも「家具で暮らしをつくる」という

リノベーションになっています。

これは単にリビングを広くしたということではなく、

今回の工事でつくられた造作家具が、一つ一つ暮らしに合わせた機能や形状を

丁寧に検討し考えられ、それ故にその家具が暮らしをつくっていくように

なっていることをあらわしています。

住宅と併設された治療室も、同じように造作家具が空間をつくっています。

この様にして生まれ変わった「ちはら台の家」は、

「これがもともと建売住宅だったのか?」、「構造が軽量鉄骨の住宅なの?」と

思うほど、建主の暮らしに合わせた空間になり、木質感が丁度良い

住宅に生まれ変わりました。

この「ちはら台の家」は建主さまのご厚意により

以下の通り完成見学会を行わせて戴くことになりました。

ご都合がよろしければ、是非ともお越しください。




「ちはら台の家」入居後の見学会のお知らせ

開催場所:千葉県市原市ちはら台(※詳細はお申込み戴いた方にお知らせします)

開催日時:平成26年7月26日(土)10:00~15:00
        
設計・監理 野口修アーキテクツアトリエ

施工・管理 株式会社 中野工務店

家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

見学会参加のお申込みはコチラをクリックして戴きまして、

各項目を記入し、『件名』に「見学希望」、

『メッセージ本文』に「参加者の人数」と「おおよその来場時間」を

お書き頂きまして、お申込み下さい。

お車でお越しの方は、その旨『メッセージ本文』にお書き下さい。

駐車可能場所をご案内致します。

追って、見学会のご案内資料と案内図をメールにてお送りさせていただきます。

※参加申し込みは7月24日(木)15:00までにお願い致します。

※携帯電話のメールアドレスは、返信できない可能性がございますので、
 パソコンのメールアドレスでお願い致します。

※1:ご来場時に、来場者名簿にご署名を戴いております。
※2:当日は、こちらで用意した手袋をご着用戴きます。
※3:バッグなどは壁を傷つける場合がございますので、
   お預かりしております。
※4:会場には駐車場がございません。路上駐車はご近所の
   ご迷惑となりますのでおやめください。
   お車でお越しの際は、その旨、「メッセージ本文」に
   お書き下さい。駐車可能場所をご案内致します。
※5:入居されておりますので、収納扉等の開閉はご遠慮ください。
※6:お子様から目を離されませんよう、ご注意ください。