2013-08

Posted on 2013-08-31

ハイサイドライトの簾

やはり効果あります。




「穴川のアトリエ」

設 計 監 理 野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
TEL 043-254-999

お問い合わせはコチラから

 

Posted on 2013-08-30
墨出し

今日は現場で壁の位置を確認しました。

これで、あとは枠廻りの図面を描くのみです。

現場の進みが早くなってきたので、作図を間に合わせるのに少し焦ります。

墨出し






「ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

 

Posted on 2013-08-30
外壁板張り終了

外壁杉板張り1

外壁杉板張り2






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

お問い合わせはコチラからお願いします。

 

Posted on 2013-08-27
下地

chdhkk1

chdhkk2

今回、断熱材がセルロースファイバーの為

既存の壁下地材だけでは、断熱材吹込みの圧力に

耐えられないということから、

壁下地の補強に時間が掛かっています。

下地がしっかりすれば、

クオリティの高い断熱工事ができますので

気が抜けないところです。

今日から電気屋さんの工事も始まりました。






「ちはら台の家」築19年のフルリノベーション
~家具がつくる暮らし~

千葉県市原市ちはら台
家族構成  夫婦+ワンコ
延べ面積  124.85㎡(37.69坪)
構造・規模 軽量鉄骨造 2階建+ロフト

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

施  工 ㈱中野工務店 担当 井上 賢二
tel 047-324-3301

お問い合わせはコチラからお願いします。

 

Posted on 2013-08-26
子供部屋へ改装

約7年前にお引渡しをした「BB HOUSE」。

当時、小学生になったばかりの女の子も中学生になりました。

そこで竣工当時は「子供スペース」として間仕切ることもなく

廊下と一体的な広い空間になっていたスペースを間仕切り、

「子供部屋」という個室に改装しました。

引戸をつけ、その上には片引戸のランマをつくり、光と風を通します。

奥の部分は、棚板を設置し、ハンガーパイプをつけて

オープンなクローゼットとして使います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

注文を済ませたお気に入りのベッドが届くのを待っています。






BB HOUSE
千葉市緑区
家族構成:夫婦+子供
構造規模:地下1階(RC車庫)+地上2階(木造住宅)
法上の延べ面積:146.89㎡(44.34坪)※駐車場含む

設計監理:野口修アーキテクツアトリエ
043-254-9997

施工:ホームドクターハクモン 担当 藤代貴志
043-253-2000

お問い合わせはコチラから

RSS Feed  Tags:
Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2013-08-20
住みこなされている家

18日(日)に「アオハダの家」の一年点検で伺ってきました。


玄関の外壁板張り


外壁のサワラ板もすっかり良い色になっていました。




外壁ばかりでなく、銅でできたポストも予想よりも

はるかに素敵な感じになっていました。


銅のポスト


木や銅は時間を演出として使うことのできる素材ですね。




南からの緑越しの外観


庭の木も暑さに負けず元気に茂り、地表はクローバーで埋め尽くされていて

とても可愛らしく、そして綺麗な表情になっていました。

しかし、お住まいの建主さん曰く

「クローバーは、2週間に一度程度で刈り込まないと、繁殖しすぎて大変です」

だそうです。




平板を敷き込んだ庭では、ご主人が大工さんに戴いた足場板でつくった

ガーデンテーブルとベンチが迎えてくれます。

ベンチの背もたれの上に設けられた飲み物を置くための

奥行きの浅いカウンターが特徴的です。

また、特注のタープは日光を遮るばかりか、

視界も切り取り、プライバシーが守られた落ち着く空間をつくっていました。


手づくりファニチャー




今年の夏の暑さは、異常ですね。

この日も、もの凄く暑くて36度以上ありました。

暑い外から家の中に入ると、とても涼しい。

流石の暑さでエアコンをつけていたのですが、

深い軒やタープが直射日光を遮ってくれているお蔭です。

2階に上がり、屋根上デッキへの入口です。


屋根上デッキ入口


やや小さめの入口が、にじり口のようです。

その“にじり口”をかがむようにして抜けると、


屋根上デッキからの景色


こんな田園風景が一面に広り、景色がパノラマで目に飛び込み、全身で環境を味わえます。

実際のこの感じは、なかなか写真でお伝えすることが出来なくて残念です。




菜園収穫


一通り点検も終わり、

敷地内の菜園で奥さん自らの手で新鮮な野菜を摘んで下さり、


収穫した胡瓜と茄子


こんな立派で野性味のある胡瓜と茄子、バジルをお土産に戴きました。

茄子は、今日のお昼にキーマカレーの具材としていただきましたが、

とても瑞々しくて美味しかったです。






一年が経ち、竣工当時よりも遥かに素敵な家になっていた「アオハダの家」。

ご自分らしく住みこなされ、そして暮らしそのものを大切になさって下さっているからこそ、

生き活きとした、まさに「生活」そのものがそこにあるのだと感じました。

大切に住んでいただいて、本当にありがとうございます。






アオハダの家
千葉県千葉市
法上の延べ面積 137.44㎡(41.52坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

施  工 田中兄弟工務所 担当 井土 覚+施主
043-231-0347

お問い合わせはコチラから

 

Posted on 2013-08-09
外壁杉板張り

印旛の家 外壁板材


猛暑中、外壁の杉板張りの工事が進められています。




印旛の家 外壁杉板仕上




杉板を切り欠くときに出る大鋸屑が、

ときおり吹く微風で宙に舞い、

独特の木の薫りが辺りに漂います。


印旛の家 外壁板張




それにしても暑い日でした。






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

施  工 田中兄弟工務所 担当 井土 覚
tel 043-231-0347

お問い合わせはコチラからお願いします。

 

Posted on 2013-08-08
改修と改装

ここ最近、過去に設計した住宅にかかわっております。




まずは、先月改修が終わりました「長作の家」。

玄関パーゴラとバルコニーなどを改修させて戴きました。


長作の家20130720玄関パーゴラ






そして、現在改装中の「BB HOUSE」。

オープンだった「子供スペース」を仕切って「子供部屋」に改装します。


bb20130808木製サッシ

bb20130808中庭






こうして、以前の建主さんよりお声がけ戴けるのは嬉しいことです。

そして、改修や改装で学べることがとても沢山あり、

とても勉強になり有難いことです。

RSS Feed  Tags:
Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2013-08-05
サインとポストが紹介されました

昨年末にリノベーションをした当アトリエの

サインとポストをつくって戴いた「上野玄起 鉄のスタジオ」さんのブログ

そのサインとポストが紹介されています。

とても素敵な作家さんで、綺麗且つ味わい深いお仕事をして戴きました。



「穴川のアトリエ」

設 計 監 理 野口修一/野口修アーキテクツアトリエ
TEL 043-254-999
お問い合わせはコチラから
施    工 藤中工務店 担当 阿部浩章
TEL 03-3670-4085

 

Posted on 2013-08-04
新聞記事

Exif_JPEG_PICTURE

先日の7月20日発刊の「新建ハウジング」に取り上げられました。

内容は、6月23日に行った「ちば木愛の会」の『千葉県の木材流通の課題』と題して

行われた会合の様子です。

Exif_JPEG_PICTURE

これからも、今回ここに集った仲間たちを中心に

議論を重ねていき、ちばの木がもっと使いやすくなればと思います。