2013-05

Posted on 2013-05-31
切られた銀杏

「印旛の家」の近くの小高い山の上に

子宝菩薩がまつられており、お参りに伺ってきました。


imkkd


そこには大きな銀杏の木があるのですが、

数年前に、なぜだか下の写真のように切られてしまったそうです。


imkkdi1


そもそもこの菩薩さまが子宝菩薩となったのは、この銀杏の木がもとで、

下の写真のように銀杏の木の一部が

乳房のようになっていたことからということです。


imkkdi2

ここは見晴らしがよく、しばらく辺りの景色を眺めていると、

坂道をおばあちゃんが登って来て、冷えたサイダーとお菓子を

持ってきて下さいました。

本当にいつも気に留めてくださって、ありがたいです。

おばあちゃんこそ、菩薩様なのではないでしょうか?

おばあちゃんにお会いするたびにそう思えてしかたりません。

RSS Feed  Tags:
Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2013-05-22
緑の独立

ag1

アトリエの入口には鉢に入ったワイヤープランツがもの凄い勢いで茂っています。

そのワイヤープランツが鉢から独立して、目の前のグレーチングの僅かな隙間に

独立していきました。

人間にとっては僅かな距離でも、ワイヤープランツにしてみたら

大いなる独立なのではないでしょうか。

こうして、どんどん緑が増殖していって、

アスファルトなどで痛めつけられた地球の表面を治していってくれると

世界は違った表情、いや、本来あるべき表情を取り戻していくのかもしれません。

RSS Feed  Tags:
Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2013-05-13
基礎配筋

imhai3

imhai2


配筋が始まりました。

結束もハッカーでは無く、いまはこんな機械を使うようです。



「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

施  工 田中兄弟工務所 担当 井土 覚
tel 043-231-0347

お問い合わせはコチラからお願いします。

 

Posted on 2013-05-02
連休前の仕事

明日からの連休前の現場です。


imkstkh


imkstyobi


imksy0


imksfg4


地中梁とスラブの配筋をする前の型枠設置作業。

黙々と進められていきます。


IMTKKD


最後に鉄筋を養生して連休前の仕事は終わりです。

また連休明けからお願いします。






「印旛の家」
千葉県印旛郡
木造平屋建 110.48㎡(33.53坪)

設計監理 野口修アーキテクツアトリエ
tel 043-254-9997

施  工 田中兄弟工務所 担当 井土 覚
tel 043-231-0347

お問い合わせはコチラからお願いします。