2013-02

Posted on 2013-02-13
見守る鳥

現在設計中の「印旛の家」。

この敷地には、江戸末期頃に建てられたと思われる御母屋が建っていました。

その御母屋は、もう何年も使われておらず、朽ちかけていました。

去年の暮れから今年の初めにかけて、その御母屋の解体をしたのですが、

解体が始まって間もなく、北東にある大きなモチノキに一羽の白い鳥がやってきて、

解体の様子を伺っていると、建主のお母さんからお聞きしていました。

(お母さんは、敷地奥にある離れにお住まいになっていて、解体の様子を

ずっとご覧になられていました。)

私たちも何度となく解体現場に伺ってはいたものの、解体中にその鳥に

会うことは、とうとうありませんでした。

解体が終わり、地縄を張り、建主さんに配置をご確認して戴いた先日、

ご主人が「鳥がいた!やっと見つけた!」と。

そこでみんなで見に行きました。

imgst1

ご主人が「あそこです」と、言う場所を見ても最初はわかりませんでしたが、

良く見ると、たしかに鳥らしきものがそこに居ました。

色々な角度から見て、ようやくちゃんと鳥を確認できました。

それが下の写真です。

imgst2

良く見ると少しグレーがかった色をしています。

調べたところによると、アオサギの様です。

私たちが近くで覗いていても、飛び立つ気配もなく、

じっとしていました。

お母さんは「なんだかねー。ご先祖様が見に来たのかねー。」

と、おっしゃっていました。

なんだかとても不思議な経験でした。

この鳥に見られて恥ずかしくない仕事をしていきたいと思います。笑

 

Posted on 2013-02-06
作業

天気予報がはずれ、大雪にはならなくて良かったですね。

今日は、事務所にこもってイベント用の資料をつくっていました。

Exif_JPEG_PICTURE

大工さんの諸事情で、頼んである作業テーブル兼打合せテーブルが

予定日に届かず、図面台をテーブル代わりに作業していました。

ものすごく久しぶりにT定規を使いました。

資料づくりは、思ったようには進まず、

今の時点で1/5しか終わっていません。

また明日頑張ります!

RSS Feed  Tags:
Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2013-02-05
授業終了

読売理工医療福祉専門学校の建築学科で

1年生の設計製図の授業が今日で終わりました。

最終日の今日は、木造住宅を設計したもののプレゼンテーション。

何人かの案は、短期間でまとめたにしては、出来が良かったと思います。

教えているようで、教えられることが多いこの授業。

今年も沢山のことを学生から、そして他の先生から教えて戴きました。

来年度も新たな学生を迎え、この授業をしていきます。

いまから新しい出会いを楽しみにしています。

RSS Feed  Tags:
Posted in 授業 | No Comments »